零細企業とハッタリと売上確保

まぁお客が自分の会社に訪問してくなければ一歩外に出ると背広を来て営業をすれば、外見上からは大企業の営業マンと変わらないのですけど、やっぱり零細企業や中小企業の営業マンが大企業と張り合おうと致しますと、多層の程度の違いは有ってもハッタリを効かせる必要が出てきてしまうのでは無いでしょうか?

まぁ今は大きな会社でも倒産してしまうと言われますけど、やっぱりお客としては営業マンの人柄や商品やサービスの品質や値段と一緒に会社の規模や信頼性をみるのでありまして、聞いたことも無い社長一人で営業している零細企業の製品と、コマーシャルで聞いたことがある会社の製品では、よほどの商品力の違いが無い限り後者の大きな会社の製品を選択する事になるのが現実ですよね。

私も零細企業で10年やっていますから、やっぱりハッタリをどうやって効かせるかってのは常に考えていたと断言しても良いと思います。

会社設立当初には紙で会社案内を作ったり自社のホームページを公開するのが普通ですが、なにせ取引先なんて創業時点では無いのですから取引銀行を書いてみたり、少しでも取引が出来た名の知れた企業を素早く会社案内に入れてみたり、少しでも会社をしっかり見せるために苦労したものです。

他には代表者である私の経歴を全面に出しまして、本当なら退職してしまってなんの取引も無いので関係ないのですけど経歴を書いて少しでも信用しもらうってのは、多くの零細企業でやる常套手段のように思います。

で、出来る限りの小細工が終わりましたら後は言葉と態度によるハッタリに限りますし、それが出来ないとハッタリは効かせることは無理だと断言出来るでしょう。

まずあくまでも態度は堂々としている必要が有りまして、下腹に力を入れて時々鏡で自分の表情はチェックしましょうね。

零細企業で営業している感じるのが、今の会社の希望ではお客の要望に答えられないとか、他の会社と比較されるとか信用性に疑問符をつけられるとか色々あると思うんですよ。

そんな時こそハッタリを効かせる時なので有りまして、決してうつむいたりしてはいけませんし、声が小さくなったり急に早口になったらお客は敏感に見抜きますから、何を聞かれても正々堂々慌てず騒がず、出来ないことは無理だとはっきり伝えて、自社のアピールをしっかりすれば良いと思います。

思うに正々堂々と出来ないことをはっきり告げることが出来なくて、何とかして言い逃れしたり誤魔化そうとした瞬間にハッタリ作戦は失敗に終わると思うのです。

まぁ少しはハッタリをきかせないと売上確保が難しい零細企業は多いと思うのですよね。