生涯未婚、独身は義務と権利の放棄

少子化の根本的な問題と解決策はやっぱり生涯未婚で過ごす人の未婚率をいかに下げるかにかかっている訳ですが、一生を結婚しないで見込んで過ごすってのは義務を果たしていないとも言えると思うのですよ、

今この世に生きている事が出来るのは別に本人は何の努力も一切なくて一重に両親のお陰であって、この世に生を受けたのは単にラッキーだっただけですよね。

ですからこの世に生を受けた恩に対して恩返しが出来る方法の一番はやっぱり結婚して子供を作って次世代に命をつなぐ事だと思いますし、法律とか言ったもんじゃなくて人としての義務と言っても良いのではないでしょうかね。

でね一応私は運が良くて相手に恵まれた訳ですけど、よく聞こえてくるのが良い相手がいればとかチャンスが有ればとか、縁があったらなんていう他人任せというか受け身な考え方を結婚に対して持っている人が多いようなんですけど、それは間違った考え方です。

義務を果たすためには様々な障害や苦労を克服していかなくちゃいけないのは当たり前の話ですし、そんなねぇ勝手に向こうから理想の結婚相手がやってきてトントン拍子に事が進むなんて言うのは、一枚の宝くじを購入して一等賞が当たるくらい確率が低い話で、なんだかんだ言っても結構多くの人が結婚に辿り着くまで苦労しているんですよ。

あとですね結婚なんてしたら自由がなくなって束縛されるし経済的にも苦労するので独身の方が気楽でそっちのほうがなんて寝ぼけた事をのたまわう人もいらっしゃるようですけど、あなたは大人になるまで誰の世話にもなっていないんですか?って問い詰めたいですね。

そりゃ結婚して子供ができたらそりゃもう自分のお小遣いなんてのは月に1万円でもあるだけありがたいと思って、子供にかかる費用を黙って負担しなくちゃいけませんし、心配事なんてのは独身者の100倍は増えるでしょうし、子供が生まれて大人になるまで最低でも20年近くはかかるんですから人生の3分の1は子供の養育に割かれるなんてのは考えると、独身の方が気楽だしって?

けどね家庭を持って初めて人間的に成長できるようなところも必ずあるわけですし、自分が大人に成長するまで両親を始めとして多くの人に苦労をかけてきた恩を返さないでそのまま独身で過ごすってのは間違っていると思うのですよね。

えっ!個人の自由と権利ですか?そんなものはキチンと義務を果たしてから言える言葉であって義務も果たせないで言う事は出来ないのです。

あったりまえの話ですよね。