仕事の邪魔をするウィンドウズとその仲間たち

事務仕事ですとかコンピュータを使った制作作業などをやっていますと仕事の邪魔をする要因ってのは色々有りますよね。

仕事の範疇になりますかかってくる電話に始まりまして、知人や友人からのメールですとかネット上に出てくる様々な興味を引くコンテンツですとか、お腹が空いだだとかここらで一服入れたいだとか実に様々な仕事の邪魔をする連中が周辺を取り巻いているんですけど、実は一番仕事のじゃまをするのがウィンドウズとその仲間たちだったりします。

ある日にパソコンを立ち上げてたまっている仕事を片付けようと気合を入れた途端に、なんだかパソコンの動作が異常に重いと思ったらアップデートのダウンロードを勝手に始めていて、業務で使っているソフトの操作の最中にアップデートの準備ができただとか何とか言ってくる。

他にもパソコンのウィルススキャンがしばらくやってないけど、どうする?やらないと危険ですよとか、メールソフトを閉じようとしたら最適化しましょうとか言い出すし、どうもパソコンが感情を持っていて意図的に仕事の邪魔をしようとしているとしか思えない時があります。

だいたいですねMS-DOSベースでパソコンを動かしていた頃にはそんなお節介で仕事の邪魔をするような行動を取られませんでしたし、確かパソコンにウィンドウズが使われるようになってからかれこれ20年以上が経過しますけど、なんだかどんどん性格はひねくれてお節介になって意図的に様々なイベントを発生させて仕事のじゃまをするようになるのが改善されるどころか、エスカレートしているような気がするのですよ。

まぁ邪推するとパソコンを購入してウィンドウズを使い始めたユーザーが、使っているバージョンのソフトに心底心頭してしまって、新しいバージョンのウィンドウズが出ても買い替えの要望が出ないと困るので、徐々に性格が捻くれるように仕事の邪魔をする頻度が高くなるように仕組んであるのではないかとまで思ってしまいます。

おもうにウィンドウズのようなOSにユーザーが求めることってのは、存在を感じさせないほど静かに働いてくれる事なんですから、その逆の方向みたいな主張するOS方面に進化していくってのは間違った方向だと思うのですよね。

更に言えばウィンドウズのようなOSがバージョンアップして進化するんでしたら、よりメモリーを消費しないとかプログラムの容量が小さくなってみたいな進化の仕方も当然考えて良いはずなんですけど、バージョンアップするたびに多大なメモリーを要求するようになって、どんどんお節介になるなんてのは間違っているのです。