離職率が高い原因の1番は人間関係

後輩に対してというか仕事ができない後輩に対してキツク当たる人ってのはどこの職場にも居たりしますけど、それが理由で職場が嫌いになって辞めていく人というのは実際、離職理由の一番だと思います。

その厳しい人が職場からいなくなったら急に辞めていく人が激減したなんて事も多いようですね。

じゃ離職率が高い職場は後輩に対してキツク当たる人を排除すれば良いのかというと、そんなに単純な話でもないのです。

まず前提として後輩に必要以上に厳しく当たる人、中にはすぐに感情的ヒステリーになってしまう人なんかも居るようですけど、基本的に仕事が出来る人なんですよね。

だから職場で長続きしているわけだし上司になったり先輩になったりするのですけど、そーゆー人ってのは、仕事に対して厳しかったり自分に対しても厳しかったり、一生懸命仕事に取り組んできたり、苦しいことを根性で乗り越えてきた人が多いんですよ。

だから自分に厳しいのと同様に他人にも厳しくなってしまうって行動や言動に出てしまったりするんですよね。

仕事が出来ないイコール一生懸命に取り組んでいない、だから厳しく接する、この考え方は確かに間違ってはいないのかもしれないのですけど、組織の一因として考えますと、マイナス要素が非常に大きいわけです。

で次の事を後輩に辛く当たったり虐めてしまったりパワハラもどきになってしまう人にわかってもらわないと根本的な解決にはならないのです。

例えば(営業でもぴあのでも何でも良いのですが)コーチや先生で考えてみましょう。

2流のコーチってのはやる気があったり、才能がある人を上手に指導したり才能を伸ばすことが出来ますね。

自分がやってきたような苦しいことを乗り越える事を生徒にも押し付けて、生徒も付いてくるって感じでしょうか?

ところが1流のコーチというのは、やる気が無い生徒に対して面白い取り組みやすいところから興味を持たせるとか、挫けそうになったらちょっと遊びの要素を入れて、時には寄り道しながらちゃんと生徒が付いてくるように導いてくれるわけです。

ですからね離職率が高い原因になっている後輩に厳しすぎる人に対しては、まずその人が頑張っていて、苦しいところを乗り越えてきたことをちゃんと認めてあげた上で、話をしないといけないのです。

人の能力には得意不得意の種類の違いが有ること、苦しいことや厳しいことを乗り越えられる人というのは実は少数派であること。

それをいかに上手く指導するかという事と、人間力の事を理解してもらうべきだと思うのです。