イモビライザー(自動車盗難、車上狙い、カーセキュリティー)

自動車盗難や車上狙いが増えていまして、最近イモビライザー装着の車が増えていますが、このページではイモビライザーとはどういったシステムなのかを書きます。

イモビライザーのカギは鍵でありまして、つまり車のキーです。
従来の車の鍵は鍵についた溝やギザギザで合う鍵を認識していたのですが、イモビライザー装着者の場合、鍵に埋め込まれたチップの識別記号を照合しまして、合わない場合エンジンを始動させない仕組みです。

つまり、何らかの手段で車内に入れたとして、配線を直結してエンジンを始動させようとしましても、純正の鍵を差し込まない限りエンジンが始動しませんので、車を動かすことが出来ないわけです。

イモビライザーは車両盗難には威力を発揮しますが、車上狙いや悪戯には無力ですので、イモビライザーと他のセキュリティシステムを組み合わせる事が重要になってきます。

イモビライザー普及により車両盗難は減ってくると思われますが、イモビライザーのお陰でエンジンがかからないものですから、色々車の配線やキーシリンダーを壊してしまう場合が多いようなので、被害額としては、例え車は残っても被害額が大きくなってしまう場合が、多々あるようです。

追伸

特に高級車を販売する自動車メーカーは盗難対策を装備しないと買って貰えない状況になってきたようですね。

それで又、販売価格が上がってしまうのですが、高級車の場合は値段よりも装備が物を言う世界・・・だったのですがトヨタのレクサスは随分と苦戦しているようですね。

まあ車を購入する心理にも色々有るようで。