代金回収とお金にルーズなお客対応

今回は経営と営業マンの話を書こうと思いますが、注文を貰って商品を納入したりサービスの提供をしたら当然の事ながら企業の伝票上、売上が計上され まして、帳簿上では利益が計上されるのですが、これは実際に代金が入金されていても、未回収の状態でもちゃんと利益は計上されていますので、税金はちゃん とかかってきます。

企業経営者としてはちゃんと販売代金が入金されて始めて、ホッとするので有りますが、営業マンの中には、帳簿上って言いますか、注文 貰った時点で半分終わった気持ちになって、代金の回収が終わって残り半分って思ってくれれば良いのですが、納品が完了した時点で、次の見込み客に気持ちが 向いてしまって、あとあと入金期日になって、入金が無かった場合に、経理から追及されて慌てるって場合も有るのでは無いでしょうか?

さて代金回収の為に営業マンが行なうべき事ってのは、別の原稿で書いていますので、今回は割愛させて戴きまして、今回は金払いの良くな いお客って事で少し書いてみようと思います。

えっと、そもそもちゃんと売買契約を結んで商品やサービスを提供して、請求書を発行しての段階まで何のリアクションもない状態で、いざ 支払期日になっても入金してこないって事は、普通に考えれば、有り得ない話なのでありますが、何故か多くの企業で回収率の向上に努めないと、直ぐに取りこ ぼしが出てしまうのは何故でしょうかね?

一言で言ってしまいますと、お金にルーズなお客って事になってしまうので有りますが、有って払わない人と、無くて払わない人の二つに大 別されると思います。

どっちにしましても、ルーズであるって事に変りは無いので有りまして、ベテラン営業マンであっても、販売する前に100%見抜く事は難 しいんですよね?

見抜く事が簡単であれば最初から売らなければ良いだけの事なので有りますが、これが中々簡単には出来ないので有りまして、高額の場合で したら事前に与信調査などを行なうのですが、小額の場合ってのが、与信調査のコストってのもかけられませんので、考えてしまう所ですよね?

それと長年営業関係の仕事をしていますと、多少は相手の事務所とか経営者本人とか従業員の雰囲気から、資金回収に関する危険を感じ取れ るようになるのですけど、目先の売上げに追われてしまいますと少々代金回収に不安があっても、売上げを上げないと社内で叱責されてしまうので、そーゆー部 分に目を瞑って販売してしまったりするのですが、この部分は社内のチェック体勢がある程度必要でしょうね。

朗読版