自動車保険、車両保険のエコノミー契約

自動車保険の世界もインターネットを使ったダイレクト販売や、価格競争が激しくなってきまして、同じ自動車保険に入るのでも、保険会社が違うと保障内容は同じでも保険金額に随分と違いが出てくる場合もあるようです。
今回は、自動車保険の中でも車両保険について考えてみようと思います。

自動車保険を少しでも安くしたい、けど保障内容は充実したいってのが万人の考えるところだと思います。

自動車保険の中でも車両保険は保険金を決める要素の中でも、相当のウェートを占める部分であります。

車両保険を入れるとしまして、最近では?車両保険で普通の車両保険と車両保険のエコノミーってのがあるのを知ってますでしょうか?

車両保険に200万円入る場合、普通の車両保険と、エコノミーの車両保険では年間の保険料で4万円前後の支払額の違いが出てきます。

エコノミーの車両保険は相手が車の場合だけしか適用が去れないのであります、ですから上から石が落ちてきたとか、車同士でぶつかった場合しか保証されないわけです。

このあたりは良く考えて保険を選びたいですね。

追伸

聞いた話ですが日本では車を一台所有して車両代金とか、ガソリン代とか保険料を考えると、好きな時に好きなだけタクシーを利用したほうが安く上がるのだそうです。

保険にしても自動車保険では自賠責保険などで損害保険会社はかなりの利益を計上しているので有りますが、もう都市部では車の無い生活のほうが豊かに暮らせるようになってきたのでは無いでしょうか?