合宿免許

私が高校生の頃には自動車の運転免許を取得するのに合宿による取得が流行っていて、短期間で取得が出来る事と費用も普通に教習所に通うのと大差なかったからだと思いますが、聞くところによると最近は昔ほど合宿免許で免許を取得する人が居ないようですね。

まあ合宿免許のデメリット(欠点)として広告に掲載されている20日で免許が取れるとかの表現はあくまでも、一回の落第もなくスムーズに教習が進んで、途中の仮免許や卒業試験に合格した場合の日数でして、途中の何処かで引っかかってしまったり試験に不合格になってしまいますと、そのまま合宿が延長になってしまうので有りまして、そうなりますと基本的に卒業するまで自宅に帰れないのでありまして、合宿でなければ少々教習期間が延びてしまっても自宅から通うから別に大丈夫な人が殆どでしょうが合宿ですとそうもいかないのですよね。

それと個人的な意見ですが、多くの場合におきまして合宿免許を実施しているのは関東でしたら茨城県とか群馬県とかのしかも地方の、どちらかと言いますと道路が広くて交通量も少ない田舎に属する地域で営業している場合が多いのでありまして、そーゆー場所で路上教習を行いまして、いざ都会に戻って実際に車の運転をしようとして、細い道とか都心部の渋滞の中とかの運転が出来るのでしょうかね?

※聞くところによりますと合宿運転免許ってやつは人口の少ない地方の自動車教習所が、都会の人を引っ張ってきて売上を確保しようとしたのが始まりらしいのですが、今や都市部の自動車教習所においても運転免許を取得しないって人が増えてきていますし、なにしろ少子高齢化の影響で人口まで減って来ていますから、都会の自動車教習所だって合宿免許にお客(教習生)を取られるのを手をこまねいて見ているって事もしないでしょうね?

ついでに書きますと確か、バブル経済真っ盛りのバブリーな時代にはリゾート地でバカンスを満喫しながら運転免許を取りましょうなんて合宿免許が高原とかでやっていまして、豪華なお料理とかリッチなホテルへの宿泊とかそーゆー内容だったと思いますが、最近は見かけないですね?

まあ免許を所得するのかリゾートで遊ぶのかってのは両立させるべき物では無いと思いますし、現代でしたらそれによって料金が跳ね上がってしまうのでしたら、免許は免許で出来るだけ安いところで取得して、リゾートへは単独で行ったほうが、余程リゾート気分と言いますかバカンスを満喫できますからね。