エコドライブ

最近、営業車ですとかトラックに”エコドライブ”のステッカーを張っ走っている車が目に付くのですが、”エコドライブ”のステッカーに書いてある言 葉が気になって気になって、思わずここに書いてしまおうと思います。

さて実際にエコドライブのステッカーに書いてあって気になる言葉ですが次のような言葉です。

□ゆっくり発進

□ゆっくり加速

エコドライブ運転

別になにが気になるのかと突っ込まれそうですが、理由を書こうと思います。

確か昔にアメリカのエコドライブ運転の教習の番組を見たのですが、エコドライブとは出来るだけ少ない燃料で目的地まで自動車を 走らせる事が目的ですね?

そのテレビ番組の特集でやっていました内容では確か、エコドライブの運転方法で

マニュアル車では、それなりにエンジンを回して、どちらかと言いますと元気良くエンジンを回して、キビキビと走って、短い時間 で高いギヤまでギヤチェンジしてしまうほうが、消費する燃料が少ないとの事です。

オートマチック車の場合でも、確かある程度元気にアクセルを踏み込んで、少し途中でアクセルを戻しながら、シフトアップをさせ ていくそうです。

つまりエコドライブをするためには、キビキビ走って、如何に短時間で短距離でギアを高いところまでシフトアップするかどうかと の事。

高いギアまで持っていったら出来るだけ一定の速度で走ることが望ましいとの事です。

つまり、ゆっくり発進、ゆっくり加速なんてやった日には、燃費が落ちて仕方が無いわけでして、ダラダラ加速して、のんびり発進 する自動車が増えた日には、渋滞も増えますから大変なエネルギーのロスになってしまうわけですよ。

□ゆっくり発進

□ゆっくり加速

エコドライブ運転

こーゆー事を奨励するのでしたら、エネルギー消費の科学的根拠を出してやって欲しいものです。

追伸

ガソリン価格の高騰によって車を手放す人が増えていますし、若い人が車が欲しいとは思わなくなっているようです。

エコドライブの事をよく考えてみましたら、究極のエコドライブは車に乗らない事なんですよね。

そんな訳で最近は自転車が良く売れているそうです。