スポーツイベント

世界最大のイベントはと聞かれれば、オリンピックかサッカーワールドカップって答える人が圧倒的大多数かと思いますが、イベントと言っても万国博覧会のような展示会型のイベントですとか、音楽のコンサートなどのイベントですとか、三社祭のような祭礼絡みのイベントが有りますが、どうも圧倒的にスポーツイベントのパワーが強いのでありまして、たぶんスポーツイベントに勝てるイベントは他には無いのでは無いでしょうかね?

まあスポーツイベントの場合は他のイベントには少ない勝ち負けが発生しますし、地域的な我が国とか我が町のチームだとか兎に角、感情移入出来る要素が大きいのでありまして、たぶんどちらかを応援するって形で思い切り感情を入れる事が出来るのが、スポーツイベントなのでありまして、この辺りが他のイベントと違うところなのでしょうね。

しかしながら、企業のサポートするスポーツチームが不況の煽りを受けてどんどんと、廃部ですとか撤退って事になって参りまして、何と言いますかイベントとして最強のソフトはスポーツでありまして、経済界も興行の世界でもスポーツを育ててきたのだと思いますが、不況とか不景気になると真っ先に切り捨てられるのがスポーツって事でも有りますよね。

それとスポーツイベントに関しては視聴率が取れるかどうか、つまりテレビ向けなのかどうかが結構重要なポイントになってくるように思うので有りまして、やはりテレビメディアの取り上げが少なくて競技の露出回数が少ないと、そのスポーツ全体が盛り上がりませんし、人気があったスポーツもテレビ中継が打ち切られた途端に人気が凋落してしまうって事は、ローラーゲームだとかボーリングだとか、プロレスだとか結構実例が有るのでして、世界最強のイベントコンテンツはスポーツだって言っても、そう簡単にスポーツイベントであれば何でも成功するって訳じゃ無いのですよね。

追伸
スポーツは筋書きのないドラマと形容されますが、まあ筋書きがあったら誰も見ないのでありますが、一昔前にプロレスの試合は最初から筋書きがあって試合をする前から結果が決まったいたって事を、元新日本プロレスのレスラーが告白しましたが、そんな事をしたらプロレス人気が一気に凋落するのは当たり前の話で有りまして、告白したレスラーは一体何を考えているのでしょうかね?

巷では相撲の八百長問題が色々言われて居ますが、まあ真相はどちらでも構わないのでありまして、しょうもない三流週刊誌が販売部数を伸ばす為に、余計なところに首を突っ込んでファンの楽しみを奪っただけなのでは無いでしょうかね?