横綱審議委員会不要論

たぶん日本の相撲ファンの過半数は横綱審議委員会は存在自体が無意味又は相撲の発展を阻害していると考えて居ると思うので有りまして、たぶん内閣支持率のように電話調査による世論調査をしたら、横綱審議委員会を解散して廃止してしまったほうが良いって思う人が、圧倒的大多数になるのだと思うのですが、何故かそーゆー声を聞こうともしませんし、世論調査なってものは絶対やらないのでしょうね?

でね、横綱審議委員会の委員になれるのは相撲に造詣の深い学識経験者なの出そうけど、相撲の世界の最高位の横綱に対して意見を述べるなんて事が出来る人達だとは思いませんし、上から目線で自分の感情をぶつけているだけとしか思えない、内舘牧子さんとかはっきり言って相撲ファンを減らす方向の発言しかしていないと思うのですよね。

さて、上記のように思ったのは本場所前にモンゴル出身力士がゴルフに行ったとか、優勝した朝青龍がガッツポーズをしたとか重箱の隅をつつくような、しかも一般人から(少なくとも私から)見れば取りに足らないような事で大騒ぎして、しまうのはおかしいですし仮に注意を促すにしても、やり方があると思うのですよね。

つまり、場所前にゴルフに出かけた朝青龍と白鳳を呼び出して謝罪させるなんて事やっていたと思いますが、横綱審議委員自らが横綱の威信を引っ張り下げるような事をしてはいけないのでありまして、親方を通じて回りに知られないように本人に伝えるなり配慮が必要だったと思いますね。

※江戸時代の横綱なんてものは今とは比較にならないほどの、社会的地位を持っていたようで横綱に対して意見できる人は、横綱経験者以外には居なかったと思いますし、ましてや相撲内容について未経験者が議論して意見するなんて事はあり得なかったと思います。

そんな訳で、やはりそうもファンは横綱審議委員会に対して解散しろって声を上げるべき時期に来ているのでは無いでしょうかね?

追伸
個人的にはファンが楽しめれば八百長も有りだと思いますし、嫌ならば見に行かなければ良いだけの話だと思っています。

まぁそーゆーのを取り上げて飯の種にしている低俗な週刊誌ですとか、ハイエナ的フリーライターなんてのは、相撲ファンが居てマスコミも恩恵に預かって居るって事を認識した方が良いと思いますし、命をかけて土俵に上がっている力士に失礼なのでありまして、土俵上の事は関係する力士の中で解決する事ではないかと思いますね。