ゴルフ会員権の名義書換料金と税金

バブル経済時代のゴルフ会員権の価格を見た人なら、これは何かの人為的なミスで金額の表示が間違っているのでは無いかと思うほど、ゴルフ会員権の価格は下落の一途を辿っておりまして、会員権の価格情報を見てみますと中には正会員のゴルフ会員権が1万円で売りに出されてたり致しますが、じゃぁ1万円持って買いに行けばよいかと言いますと、そうは問屋が卸さないのですよね。

まずね、大きく立ちふさがるのは名義書換料ってやつなのでありまして、なにせ1万円のゴルフ会員権でも100万円を超えるゴルフ会員権でも売買が成立して名義書換をしましょうって事になりましたら、少なくとも数十万円から名義書換の料金を支払う必要が出てきてしまうので有りまして、会員権そのものの譲渡価格に比べまして、名義書換手数料がとても高く感じるので有りまして、相場が随分と下落致しまして、ちょっと地の利が悪いゴルフ場や問題が有る場所でしたら10万円以下なんて会員権も沢山有りますけど、名義書換料で二の足を踏んでしまう人も結構多いのでは無いでしょうかね?

この辺りは昔の価格に比べて買うほうとしては総額が随分と下がって居ますので、総額で考えれば良いのでしょうけどゴルフ会員権そのものが1万円で名義書換料が40万円って事になりますと、やはり気持ちの問題としまして、何で名義を書き換えるだけで何十万円もかかるのかって憤っている方も少なく無いのでは無いでしょうかね?

まぁこの辺りはゴルフ会員権の売買を生業とする会員権業者の存在があって、簡単には値下げできないのでしょうしこれだけ会員権相場が崩れて値下がりしていても、会員権業者が営業を継続できているのは、ゴルフ会員権を手放す人が増えて、値段が下がって買う気になった人が出てきて、名義書換手数料は昔から変わっていないからなのでしょうね。

※実際には仲介手数料の収入になるのでしょうが、名義書換料まで下がると手数料を確保すると割高感が更に出てきてしまいますからね。

追伸
女子プロゴルファーの活躍が目立ちだした時点で女性ゴルファーが増加致しまして、最近では石川諒君の活躍でゴルフに興味を持った人も結構いらっしゃるのでは無いかと思いますが、数あるスポーツの中でもあの会員権ってやつの存在が、良い意味でも悪い意味でもゴルフを特別なものにしているのでは無いでしょうかね?

まぁ今更廃止になんて出来ないでしょうけど、ゴルフ人口を増やしたり裾野を広げるためには、何らかの対策が必要なのでは無いでしょうかね?