自転車のノーパンクタイヤ

のんびり一人で自転車で近所を走っている時でしたら自転車のパンクもご愛敬なのかもしれませんけど、先を急いでいる時とか山道で携帯電話の電波も届かないような場所で乗っていた自転車がパンク致しますと、今まで快適に走っていた爽快な気分も一瞬にして飛び去りまして、どうないしましょって事になってしまったりするのですよね。

中には普段からパンク修理の道具一式を持ち歩いている用意周到で転ばぬ先の杖を使っている人もいらっしゃるでしょうけど、大部分の人が自転車を押して自転車屋さんまで持って行って修理して貰うか、家族か誰かに車で迎えに来て貰って自転車を積んで帰るって手段を取りしかないのでありますが、パンクしないタイヤつまりノーパンクタイヤだったらこんな苦労も心配もご無用って事になりますけど、一向にノーパンクタイヤが普及しないのは何故なのでしょうかね?

そんな事を考えて居ましたら数年前に確か幕張メッセで開催されたジャパンDIYショーに出展していた、既存の自転車チューブにスーパーボールみたいなものを詰め込んで、ノーパンクタイヤに変身みたいなものを販売していたのを思いだして、ネットで少々検索して探してみたのですが、どうやら市場に受け入れられないまま姿を消してしまっているような気が致します。

で思うのですけど体積が大きい自動車のタイヤならいざ知らず、自転車のタイヤ位でしたら今の日本の技術を持ってすれば、乗り心地を大きく損なう事もなく数千円程度の販売価格の上昇で絶対パンクしないタイヤ付きの自転車を販売できると思うのですけどね。

私の住む地域には数件の自転車屋さんですとか自転車の修理をしてくれるホームセンターなんかがありますけど、普通にパンク修理で3千円はかかりますしこれがチューブに空いた穴が大きすぎてパッチでは修理できなくて、中のチューブまで交換って事になりますと4~5千円の修理代にまで跳ね上がってしまうので有りますから、多くの人が数千円程度の価格の上昇でしたらノーパンクタイヤの自転車を選ぶと思うのですけど、そうなってしまいますとパンク修理が重要な収益源の街の自転車屋さんは廃業してしまう事になるのでしょうか?

ただまぁ自転車がパンクするのが嫌で自転車に乗らないって人も中にはいるかもしれませんし、自転車のパンクする時の不安とか面倒くささをなくす事が出来れば、自転車の需要は更に大きくなるのでは無いでしょうかね?

私と同様に未だにパンクしないタイヤが主流にならないのを不思議に思っている方も多いのでは無いでしょうかね?