ゴルフ人口と会員権

石川諒選手に触発された一部のご家庭を除きまして、基本的にゴルフに興味を持つご家庭やお父さんは減少していると想像するのでありまして、なにせゴルフ人口の中には相当数の接待ゴルファーと呼ばれ・・ているかどうかは分かりませんけど、会社の接待交際費が使えるから仕事の一環でゴルフをしていたとか、取引先の営業マンの誘いで接待されにゴルフ場には行くけど自分の財布からお金を出したこともないし、自腹だったらゴルフなんて行かないよまたは行けないよって人も結構多いんではないでしょうかね?

でね何と言いますかゴルフが未だ紳士のスポーツと言われていて休日にゴルフをしにマイカーで出かけるなんてのは中流家庭の証みたいな感じだった頃には、ゴルフ会員権の存在がゴルフのステータスを高める部分が有ったと思うのですけど、これだけ不景気になってゴルフ人口が減少しているのですから今度はゴルフ会員権の存在が、新たなゴルファー獲得の敷居を高くしているのでは無いでしょうかね?

※ここでのゴルフ人口とは実際にプレーする競技人口のことを指していまして、石川諒選手ですとか宮里藍選手をテレビで応援するゴルフファンとは別物だと考えて居まして、若い選手の頑張りで世界と戦える選手が増えて参りまして、ファンは結構増えていると思うのですけどね。

まぁ既に会員権を購入した人が沢山居ますし、ゴルフ会員権売買はちゃんと機能していますから急に廃止するってのは難しいと思うのですけど、そのあたりは業界として知恵を絞りましてゴルフを始めてみたい人が、なんだか会員権の存在ってのはよく分からないって事にならないようにしたほうが良いと思うのですよね。

つまりその流通性があって投資対象みたいな事は一切排除しまして、やるのでしたら東京ディズニーランドの年間パスポートみたいな形式にするとか、飲食店の会員カードみたいな感じで割引が受けられる程度の会員権だと敷居がぐっと低くなると思うのですよね。

追伸
ゴルフってクラブを一通り揃えたりシューズを買ったり何だかんだで最低でも5万円くらい無いと始められないスポーツじゃないですか?

まぁ中古倶楽部とかリサイクルショップに行けば1万円で全てを揃えることが出来るかもしれませんが、未経験者がいきなりコースに出るわけも行かず、練習場に通ったりと一丁前にゴルフデビューを果たすには結構なハードルが有るのですが、はたしてそれを残しておいたほうがステータスが保たれて富裕層をつなぎ止めることが出来るのか、そーゆー事を言ってないでもっと裾野を広げて競技人口を増加させる必要が有るのか、私には分からないのです。