スポーツゲームとネット対戦

ちょっと報道で話題になりましたのでご存じの方も多いのでは無いかと思いますが、がんばれ!ぼうりんぐ番長なるネット対戦ゲームが話題になっておりまして、普通と言いますか一般的にネット対戦のスポーツゲームと言いましたら、内容はスポーツのゲームだけど対戦する両者または不特定多数はパソコン又は携帯画面の前で操作して、得点など勝敗を競うってのが一般的なイメージで、単に画面の中の画像だけはスポーツだけど実際はパソコン操作だけっての普通ですが、このがんばれ!ぼうりんぐ番長なるネット対戦ゲームは全然違ってリアルなんですよね。

詳しくはがんばれ!ぼうりんぐ番長のサイトへ行って確認頂ければと思いますが、これは簡単に説明致しますと実際に実在する街のボウリング場に行って、ちゃんとシューズを履き替えて重たいボーリングの玉を転がしてプレイする従来のボウリングそのものながら、スコアを全国の相手と競わしたりステージが上げるといったゲーム的な要素が楽しめるって仕掛けなのですよね。

なにせ私の認識では体感ゲームなどでは多少は体を動かしたとしましても、所詮はテレビゲーム・コンピューターゲームなんですから、ゲームのスコアが良くても実際のスポーツが上手とは無関係ですし、内容がスポーツなだけで実際には正反対って事ばかりだったのですけど、このがんばれ!ぼうりんぐ番長ってのは実際にボウリング場に出かけて更に全国の同レベルの人と対戦するわけですから結構面白そうですよね。

さてボウリング繋がりでもう少々書いてみますと確か私の幼少時にもの凄いボウリングブームが有りまして、中山律子さんって女子プロボーラーがテレビに出演して高視聴率を稼いで、全国にはどんどんボウリング場が建設された時代がありましたけど、ボウリングブームは定着する事も長く続く事もなく、数年で収束し随分と全国でボウリング場が倒産したようですけど、老若男女が手軽に出来るスポーツなんですから、ある程度の定着する要素が有るのですから今回のがんばれ!ぼうりんぐ番長によって、競技人口が増えると良いですよね。

ただ問題なのは最近の若い女性は爪を長くしていたりネイルアートって感じで爪に装飾を施している人が増えているのでありまして、そーゆー人がボウリングをやるってのは少々難しいかもしれないですよね。

追伸
昔は職場の親睦会のような物でみんなでボウリングに行くってのは結構メジャーだったんですけど、最近そーゆーのはすっかり少なくなっているようですよね。