自転車の防寒対策

日本のように四季がはっきりした国ってのは一年にメリハリがあってとっても良い気候風土だと思いますが、そのお陰で防寒対策とか暑さ対策が必要になって来るので有りますして、今回のコラムでは自転車の寒さ対策について考えて見ようと思います。

さて私が思うに自転車の防寒対策ってのはバイクの防寒対策よりも難しいので有りまして、バイクの場合は徹底的に暖かさを保つ装備に終始していれば良いのですけれど、自転車の場合ですと自転車の運転中はペダルを漕ぐって運動を致しますので、防寒対策をやり過ぎますと全身が汗だくになりまして、かなり悲惨な状況になってしまうので有りますね。

まぁ私自身の小学校で初めて自転車に乗れるようになって今現在までの経験からですが、道路が凍って居るような場合はそもそも自転車に乗って出かける事自体が危険ですのでそれ以外の場合ですと、体の末端部分をしっかり守る防寒対策を行えば良いと思いますよ。

つまり上から書きますと耳をイヤーウォーマーのようなもので覆いまして、肩から先の指先までは風を通さない手袋などでカバーして、足は足首から先を温かい靴などで寒さ対策すれば他は必要以上に防寒対策しなくても5分も自転車のペダルを漕げば暖かくなってしまうのでは無いでしょうか?

他には首回りにはマフラーを使用致しますが、こちらは自転車を漕いでいるうちに体が温まって来ましたらマフラーを外すなりして調整をすれば良いと思います。

※ 耳の防寒部分ですがイヤーカバー(ヘッドホーンのような形状のもの)等で耳を覆った時にちゃんと周辺の音が聞こえるかどうかを確認しませんと、もし外部の音がイヤーカバーで遮られましてちゃんと聞こえない状態のまま走行をしていましたら、危険察知に支障が出ますので十分に注意して耳周りの防寒を考えましょうね。

それから、とっても重要なのが自転車の防寒対策では走行中に汗をかかないように調整するってのが大切なのでは無いでしょうかね?

体が温まって来ましたら早めにマフラーを外すとか、上着のジッパーを下げるとかして汗をかかないように調整致しませんと、汗をかいて服の中が汗で濡れた状態になると、それはもう悲惨でして自転車から降りた途端に寒くなって風邪を引きますし、気持ち悪いですし寒い冬に汗臭い臭いを発散するのもよろしくないですからね。

そんなわけで、自転車の防寒対策ってのはある意味では運動しているけど防寒対策が必要って感じになりますので、結構難しくて走行途中で調整も必要なのですよね。