サッカーくじ(toto)当選金 引き上げ

サッカーくじ(toto)が売上不振の打開策として当選金の上限が一億円から二億円に引き上げられた。
Jリーグ人気の低迷で売り上げが減った為、当選金の上限を引き上げて購入意欲を引き上げて売上を伸ばそうとする作戦である。確かに宝くじにしても当選金を 高額に引き上げる事で売上は伸びているから間違いではないと思う。

けどですね、Jリーグの人気低迷で売上が落ちたとの事ですが、Jリーグの人気をさらに高め、収益をスポーツ振興に役立てるのが目的だっ たと思うのです。
だから、Jリーグ人気で売上が云々言っているよりもtotoをもっと魅力的にしてtotoでJリーグ人気を高めていく考え方や発想が欲しいと思うのは私だ けであろうか?

私は実際にtotoを買ったことが無い、一度試しにと思ったことは有ったが13試合全部を予測するのは億劫だったので止めたのだ(現在 指定された5試合を予測するタイプも発売中です)。

Jリーグの理念として地域に根ざしたサッカーチームを目指している、ファンの中にはJリーグファン、どこのチームでもサッカーを見るこ とそのものが好きって人も居るだろうが、スポーツ観戦の楽しみは感情移入と言うかひいきのチームの勝ち負けで一喜一憂して、我がチームとして、特定のチー ムを応援するのが一般的ではないだろうか?

13試合又は指定された5試合を予想するために、過去の対戦成績を調べたり戦力分析をしたりしてtotoを買うのも確かに楽しいだろう が、サッカーにそれほど詳しくない方が買うにはちょっと、敷居が高いような気がする。

熱狂的なファンの暴動の問題とか憂慮すべきことは有るかもしれないが、自分の指定したチームの試合1試合をズバリ予想する形はどうだろ うか?
試合会場で試合が始まる前に買って試合を観戦すると更に応援にも熱が入る、あまりに熱狂的になる心配は大きいが。

自分の応援するチームが勝って、totoの当選金が入ってくれば多分近くの飲食店で祝杯を上げる人も沢山いるだろから地域経済も良くな るかもしれないし、Jリーグ関連のグッズの売上ももしかしたら伸びるかもしれない。

Jリーグの試合会場で自分のひいきのチームの勝ちを信じて、手持ちの小銭でtotoを買って試合を観戦できる、これぐらい気軽に totoに参加出来るようになれば、会場も何時も満員になると思うし、totoの売上も何倍にも伸びると思うのだけど・・・一部の熱狂的なファンの暴走は 危惧されるし、実現は不可能なのでしょうね。

しかし良く考えてみたらサッカーはプレーで観客を魅了して観衆を集めてグッズを販売して放送権料で稼げばいいのであいまして、 そこにスポーツ復興など理由を付けてTOTOなんて始める根性が間違っているのではないかと思いませんか?

ファンを育てるのも、ToToの結果を気にして応援するよりも、純粋に自元に根ざして固定的なファンとして応援していたほうが 試合を楽しめるのでは無いでしょうかね?