巨人のパリーグ移籍

プロ野球。パリーグの大阪近鉄バッファローズとオリックッスブル―ウェーブの合併問題に端を発した、プロ野球再編問題はセ・パ球団経営者(経営母体)・選 手・読売巨人軍の考えが絡み合って来シーズンの状況が全く見えて来ませんが、新たな構想が出てきているようですね?

先ずパリーグでもう一つの球団合併が実行された場合の前提付きの話ですが、パリーグのもうひとつの合併として、ロッテとダイ エーの合併が出てきていますので、現実味が無い話でもないのですが、聞いた話ではこうです。

■パリーグでもう一つ合併が行われるとパリーグは4球団になる。

■その時点ではセリーグ6球団パリーグ4球団になります。

■そーなると釣り合いが取れなくなって、特にパリーグは4球団では対戦カードの相手球団が3球団しかないので、つまらなくなっ てしまう。

■じゃあ読売巨人軍がパリーグに移籍して、パリーグ・セリーグ各々5球団にする。

う~なかなか面白いじゃないですか、特に巨人がパリーグに移籍するのは面白そうですね?

あと、パリーグとセリーグがそれぞれ5球団になるとリーグ内での対戦しか考えていないと、試合の無い球団がセリーグ・パリーグ で必ず出てしまいますが、そこはセパの交流試合にしてしまえば、試合の出来ない球団が出てくる問題と交流試合の問題は解決しますからね?

そうやってみると、年間を通じて全ての球団と試合をする事になりますから、オールスターゲームや日本シリーズは少し面白みに欠 けますが、そこは・・・↓

○オールスターゲームは全日本のオールスターにして、韓国やキューバーのオールスターと戦う

○同じくセパのリーグ優勝者同士が戦って勝利を収めた最強チームがアメリカ大リーグのチャンピィオンに挑戦したりすれば、今よ りも相当面白くなるのではないでしょうかね?

球団の数が減る事は本当は反対なのですが、巨人がパリーグに移籍することは、なんだか面白そうで興味が出てきてしまいました。

追伸

それほどプロ野球に興味が高いわけではないのですが、今年のペナントレースは合併の事が大き過ぎて盛り上がりに欠けますね?