結婚式の招待状は請求書に見える?

あなたは年に何回くらい結婚式に出席しますか?

私の場合ここ10年の統計で多い年は年に3回、少ない年で1回くらいで推移していますが、最近は結婚式の招待状が届く事が減りつつあり ます。

結婚式に招待されることじたいが嫌いなわけでもないのですが、中には、中にはですよ、何で俺の所まで結婚式の招待状を送ってくるんだと、思 う招待状も中にはありますね、勿論大部分の招待状はもらって嬉しいことを付け加えておきますが。

今回はその中には、に確答する結婚式の招待状について書いてみようと思います。

結婚式の招待状が請求書に見えてしまう場合はですね、もう殆ど面識が無いほどではないのですが、たまたま以前同じ会社に勤めていて、部署が 違うので一緒に働いたことはないけど、2、3回話をした事は有る程度の、面識で有る日突然結婚をする事になり、招待状を送ってくる場合ですね。

招待状を送るほうは送るほうで、リストから漏れると後で気まずくなるとか、失礼になるとか色々大変なのは充分分かりますがね・・・。

例えば結婚退社で会社を退職して、結婚式の招待状を送るリストを考えるとしましょうか。

やりそうなのが、気に入らない同僚とか、反りが合わなかった上司は、会社時代気に入らなかったから、あの人には結婚式の招待状を一人だけ送 らないなんてやりそうじゃないですか。

考え方を換えまして、そうゆう人こそ招待状をキチンと送ってご祝儀を持ってきてもらわなくていけないと思いますね。

親しい友人関係は別途、会費制で楽しく結婚披露パーティーか何かを、近所のレストランでやって楽しく時を過ごす。

逆に、嫌いだった上司だとかはキチンと結婚披露宴を行う事にしてご祝儀を持ってきていただく・・・。

おっとここで書くのを止めにします。

こんな事を書いていると、今後、結婚式の招待状が沢山届くかもしれませんので、それも請求書に見えてしまう招待状が。

追伸

最近はじみ婚って言われる質素な結婚式が流行の兆しを見せているようで、良い事ですね。

別に他人の結婚式に行きたいって思っている結婚式好きは、まあ二次会目当ての独身男女位しかいないと思いますからね。

皆さんはどうでしょうか?