学生向けローン・キャッシング

暇に任せて(何時も暇なわけでは有りませんたまたまです)ネットサーフィン(このネットサーフィンって言葉も使われなくなってきているようでそろそろ死語になるでしょうか?)をしていましたらの話です。

すいません今回の書き出しは括弧書きの注約が多くて読みにくくて申し訳ないのですが、Yahooのサイトで”学生向けローン・キャッシング”のバナー広告が随分と目に付きましたので、思わずコラムに立ち向かってしまったわけです。

”学生向けローン・キャッシング”って事ですから、大学生とか専門学校の生徒にお金を貸し出すわけですね、サラ金ならぬガク金とでも呼べば良いのでしょうか?

”学生向けローン・キャッシング”をやっている業者の目論見はとても良く分かるのです。

□子供を大学までいかせる家庭ですから、当然の事 学生の実家はある程度の経済力がないと大学に行かせる事が出来ませんので、子供から取りはぐれても親に請求すれば良いので、貸し倒れリスクが低い。

□学生のうちから”学生向けローン・キャッシング”のお客として取りこんでおけば学生はやがて社会人になりますので、社会人になってからのお客を確保できる。

想像ですが、多分そんな理由で”学生向けローン・キャッシング”をやっているのだと思います。

がしかし しかしですね。

収入の無い、又は親の脛をかじっている学生にキャッシングなんてしちゃ駄目だと思いませんか?

学生はお金が必要になっても

■我慢できるものは我慢

■バイトが出来るならアルバイトでもして必要なお金を手に入れる

■どうしても必要なお金なら、古本屋に本を売るとか質屋になにか質入をしてお金を手に入れる。

そう思いませんか?

”学生向けローン・キャッシング”は絶対反対! なのであります。

追伸

一時期は学生向けのローンやキャッシングに力を入れていた消費者金融ですが世間の批判の高まりを受けて自粛しているようです。

当たり前ですよ、働いていない学生は苦労すれば良いのでして、お金が必要ならアルバイトでもして働けば良いのです。