派遣労働と地位立場

派遣労働者が日本の労働市場に登場したころを知っている人なら感じていると思いますけど、派遣労働者って響きがずいぶんと安っぽくなったと思いませんか?

派遣労働が登場したころは通訳だとかパソコンのオペレーターだとか特別な高度な技術を持った人しか出来ない仕事で、派遣で働くってのは普通の特別な能力が無い労働者にはやりたくてもできない仕事で、派遣ってのはプロ中のプロが自らの高い能力を持って必要とする企業に助っ人と言いますか、きてやったぜ状態で働く人のイメージが強かったのですけどね。

転機は工場労働者それもライン作業とか単純作業従事労働者の派遣解禁で始まった事がはっきりしていますけど、それによって企業の競争力が高くなったとは到底思えませんし、派遣労働者が高給で働くプロだった頃は良かったのですけど、あっという間に低賃金労働者の代名詞みたいになってしまって、派遣労働に従事する国民が増えたおかげで可処分所得額が少ない労働者が増えてしまって、国内景気は一向に良くなる兆ししかない状態が長い間続いてきましたからね。

でデフレ脱却を優先課題にする安倍首相はきっと派遣の規制をきつくしてまともな正社員労働者を増やしてくれるように舵を切ってくれるのかと思っていたら、今朝入ってきたニュースにはびっくりしましたね。

派遣労働の見直しを議論する厚生労働省の研究会は、派遣労働者にずっと任せていい仕事を限っていた規制を緩め、どんな仕事でも企業がずっと派遣に任せられるようにする最終報告をまとめた。

つまりねあらゆる職種職場に関して派遣労働者をずーと派遣労働者のままで働けなくなってお払い箱にするまで働かせることができるって事でありまして、派遣労働者の方の多くがいつかは安定した正社員に昇格したいと思っているでしょうし、派遣の契約期間が切れた次はなんて淡い期待までも今回の提言が受け入れられたら打ち砕かれてしまうんですよね。

まぁ一応は安倍首相は日本を取り戻すと言っていて強い日本を取り戻したいらしいですから、まさかこの提言を受け入れる事は無いだろうと思いたいところなのでは有りますけど、なにせいつの間にかTPP推進をはじめとする新自由主義路線へまっしぐらな状態ですから安心できないところが怖いところです。

そもそも日本の製造業の強みってのは家族経営のように社員が長年の経験を蓄積しつつ高い技術力を持って世界に席捲してきたのでありまして、それをね会社の帰属意識を持つ事が容易ではない派遣労働者の拡大はマイナス要素にしかなりませんし、同じ社内で同じような仕事をしていても正社員と派遣労働者のような身分の違いや差別が生まれるような状況で日本の活力をそいでほしくは無いものです。