スポンサードリンク

自分の分身アバターはマトリックスの世界の始まりか?

 

アバターと聞いても何の事やら良く分からない方の為に今回は少々アバターの解説から書き始める事にします。

Webサイト上に”なんとかアバター”とか”なんとかアバターチャット”と呼ばれるサイトがありまして、あなたはそこに登録して、仮想世界の中にもう一人の自分の分身を作るわけですね、仮想世界の中に作るのは女が男になって自分の分身を作っても良いわけですし、腹の出た中年のオッサンが可愛い女の子の分身を作っても良いわけです(気持ち悪ぃ)。

でまあ、仮想世界の中にもお金も有りまして、好きな洋服を着せて街へ出て、会話をしたりまあ、食事と排泄行為が無い、仮想世界の住人になって遊ぶのです。

風呂に入らなくても汗臭くもならないですし、なにしろ自分の欠点が出てこないわけですから、もちろん相手も身奇麗でカッコ良かったり、可愛い住人ばかりですから、有る意味ファンタジーの世界なのかも知れませんね。

アバターの説明はこの位に致しまして、そろそろ言いたい事を書き始めましょう、あのね特にこれ読んでいる若い女の子、女子高生とかの読者に言いたいんだけど、アバターで見せている相手の人格と本人の人格は全然かけ離れている事が多いからね!

今の自分以外になりたくてアバターにのめり込むやつも多いし、なにしろ表情なんか全然分からないでしょ? 現実の世界とアバターの見分けって言うか、区別がつかなくなっちゃうのこれから出てきそうで怖いしね。

アバターはアバターの世界で別世界って事で楽しむだけにしたほうが良いでしょうね?

どうせなら、例えば日時だけ決めといてその日に小泉首相だとか、ブッシュ大統領だとか金正日将軍様だとかが、アバターに姿を変えて出てくると面白いよね? 小泉首相が出没しているのは事実だけど、どいつが小泉首相だかブッシュ大統領だか分からない状態で、本音を出して政治の話をするとかね。

で、参加者はもしかしたら小泉首相と話をしたかもしれないって・・・・なだか今回は話がまとまらなく(いつもまとまりませんが)なってきましたんでこれにて終了です。

追申
将軍様って呼称も例の北朝鮮問題がクローズアップされてから、将軍様って呼び方がギャグになってきた気がします。

追伸2

アバターは分身と言うよりももう一つの違う人格を持った自分を表現する場合も多いらしく、インターネットの世界では実世界と全く違う人格や一面を見せる人も少なくないらしく、それが良い事なのかどうなのかの判断はつきませんが、一言言わせて貰えれば、言いたい事が有ったら表に出てきて言いなさいって所です。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 掲示板
  2. 出店費用無料ショッピングモール誕生
  3. メールマガジンの発行を始めてみようかな?
  4. 懸賞企画の裏側
  5. 成功するメール広告と失敗するメール広告・携帯メール編
  6. 自分の分身アバターはマトリックスの世界の始まりか?
  7. 成功するホームページの作成方法(メールマーケティング編)
  8. 成功するホームページの作成方法(データ活用編)
  9. 成功するホームページの作成方法(検索エンジン上位表示編)
  10. 成功するホームページの作成方法(基本ポリシー編)
  11. 職場での私的なインターネット利用
  12. 迷惑メール
  13. レンタルサーバーの選び方
  14. ブログ(blog)と著作権の問題
  15. 人大杉対策で2ちゃんねるビューワをインストール
  16. GoogleのメールサービスGmailについて
  17. 差出人偽称、罪作りなウイルスメール
  18. 最近のホームページ事情、トップページ
  19. 価格比較サイト
  20. エスクローサービスとオークション
  21. レンタルサーバーとメンテナンス情報
  22. インターネットカフェの設立
  23. ホームページ製作の基本、ページ構成について
  24. 忘れた頃の嬉しいメール、究極メールマーケティング?
  25. ドメイン名の決め方
  26. 無料ショッピングカートCGI
  27. システム管理者の憂鬱
  28. 無料グループウェア
  29. 懸賞サイトの今後
  30. インターネットにおけるアンケート調査
  31. オークションを上手に利用して高値で販売
  32. お天気と、世間とホームページアクセス数の関係
  33. 検索エンジン
  34. 無線LANの盗用と無断利用
  35. 他のメールマガジンで紹介されちゃいました♪
  36. フリーメール
  37. メールのフッダーに署名は入れよう
  38. 急がば回れとSEO
  39. ToDoプログラムの活用
  40. ランチブログを開始しての感想
  41. 電子メールの落とし穴
  42. メールでの回答、雛型とテンプレート

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー