スポンサードリンク

頑張れバター

休日たまに食料品の買い物に付き合うのだが、バターそうあのパンに塗って食べるあのバターなんだけど元気が無いと思いません? マーガリンにすっかり押されてしまって。

私より上の年代の方は知ってると思うけど、確か60年代にバターと代用品としてマーガリンが発明されて当時まだマーガリンって呼び名よりも人造バターって一般的に呼ばれていたと思う。
当時はマーガリンはバターの代用品であってマーガリンよりもバターのほうが数段偉かった筈である。

それが今ではすっかりマーガリンが幅を利かせてパンに塗る主役の座を追われてしまった、丁度若手に主役を追われて今では脇役に甘んじてる俳優か女優のような感じである。

個人的趣味の問題であるが、バターの独特のコクの方が今風のあっさりマーガリンよりも数段美味いと思うのだが、難点として冷たいとバターの場合固いのでパンに塗りにくいって事ですかね。

バターに関しては本で読んだ一番シンプルなバターって事で一度自分で挑戦して食べてみたいバターの作り方があるのだけど、ここでちょっと紹介しようと思う。

昔本で読んだ記憶に頼って書いているんで間違っているかもしれないんだけど、絞ったばかりの牛の乳を一升瓶に入れてそのまま静かに揺らしているんだって、ただただ揺らしていると あるとき忽然とバターの塊が現れるそうなんである。
実にシンプル、機会があれば一度北海道だか岩手だかに行って体験してみたいもんですな。

話を戻しますが、バターがマーガリンに主役の座を奪われたのはやっぱりマーガリンとバターの努力の差ではないでしょうか?
人造バターとして生まれたマーガリンがバターに立ち向かい、ついに主役の座をバターから奪い取ったのに比べ、バターのほうは マーガリン? 人造バターじゃないか、俺のほうが偉いんだぞって全然努力をしてこなかった。
今でもマーガリンのテレビコマーシャルは見ますけどバターのコマーシャルはみた事無いですからね。

ここは、バターに奮起して頂いて、巻き返しの戦いをマーガリンに挑んでいただければ、ただ食べるだけの私としては面白くなるのではないかと思っているのです。

追伸

2008年になりましてバイオ燃料の促進とともにバターを取り巻く環境が大きく変化してしまいまして、今まで余る状態だったのが、急にバターが品不足になりまして、本格的にバターを使うお菓子、ケーキ製造関係者はバターの確保が出来なくなってしまったり、バターの価格が高騰してしまったりと、誰も予想しなかった、バター環境になってしまいました。

しかし不思議な所で品不足になったり、値段が上がりだすと今まで見向きもしなかった人が急にバターが食べたくなったり、騒ぎ出したりする不思議な現象が観測されるのですよね?

なにせ急に増産しようったって無理なようですから。

 


  • スポンサードリンク

    関連コラム

    1. 頑張れバター
    2. 久しぶりにビールを飲む
    3. DIY自分で作りなさいについて
    4. お餅とダイエットの関係
    5. またまた新しいダイエットが
    6. 新作水着
    7. リバウンドの季節
    8. 食欲を制御する方法
    9. 美味しき炊ける炊飯器と食欲の関係
    10. 浮気調査のプロ、探偵事務所
    11. 果報は寝て待ての意味
    12. 福袋の選び方
    13. 自己暗示(自己催眠)
    14. 運とツキと巡り合わせ
    15. 貧乏から脱出する方法
    16. 一攫千金の方法について考える
    17. 開運グッズ
    18. お金に好かれる方法
    19. 占い信じますか?
    20. 風水と住宅建築
    21. 福袋について考える
    22. 農家の婚活
    23. 結婚するな
    24. 男の結婚適齢期について
    25. 人口減と子沢山と結婚相談
    26. 結婚式の招待状は請求書に見える?
    27. 結婚相談所の活用法・成功方法
    28. 結婚相談
    29. 印鑑社会、羽田空港駐車場に赤い鳥居が有った頃

    スポンサードリンク

    営業力アップ著作権

    コーチングメニュー

    ページのトップへ戻る