スポンサードリンク

派遣労働者、過去最多に思う

派遣労働者の数か212万人となり過去最高の数だそうだ、しかも派遣労働の料金は下落だそうだ。
企業にとって、正社員を雇うと諸経費がかかり仕事が減っ てもそう簡単に首は切れないが、派遣労働者はコストが安いし、仕事の量に応じて流動的に労働力を確保できるから、派遣労働でまかなえる仕事は派遣社員にや らせて、正社員は必要以上に増やさないでおこうとする流れは当分止まる事が無いと思う。

働く側から見ると、組織に縛られたり人間関係の問題で派遣で働きたい場合は良いが、どうも安定した正社員で働きたいが、正社員での就職は中 々難しいし収入は必要なので派遣でも仕事が出来るなら働いておこうとさえている方も現実多いと聞く。

派遣労働の料金下落が少しばかり気になるのだが、派遣労働の労働形態が世の中に出てきてまだそれほどの期間が経っていないと思うのだが、早 くも料金下落はどうかと思う。

派遣労働の世界は労働売買的なイメージや、臨時雇い的なイメージを持たれないように専門職やスペシャリストを派遣するイメージで世間に訴え てきた筈である。
資金的に沢山のスペシャリストを抱えておけない中小企業などは、本当のスペシャリストで有れば、それに見合った料金を支払って利用をする需要は多く多く存 在すると思うんです。

実は弊社でも数年前にとあるソフトを開発し流通業界に販売促進に苦労 した事が有りましたが、流通業界に関しては初めての市場でしたので苦労しましたね、○○業界の○○に詳しい人を立ち上げ段階で1年間とかスペシャリストが 欲しかった時があるんですよ。

派遣する労働者の質を高めていこうとすると、それは求人にお金をかけて良い人材を多数確保するのか、契約の派遣労働者に対して研修や能力開 発を行うなりでコストが当然かかってくるものである。

コストがかかれば当然、派遣労働の料金は下がってくる事は無いのであるが、業界全体で料金の値下げ競争になってきているとすると、スペシャ リストの派遣を望んでいる企業は離れていってしまうわけだし、スペシャリストの派遣をやろうとする正しい派遣業者は値段で駆逐されていってしまわない事を 願ってしまうのであります。

追伸

元来、派遣社員を利用できるのは高度な専門的な知識を要する職業に限定されていたのですが、規制緩和によってその枠が廃止されて、 いつの間にか派遣社員の主たる労働の場所は単純労働作業や、製造の現場になってしまいました。

それも正社員の数を減らして派遣社員で賄うといった手法で、人件費は固定費から流動経費に姿を変えてきていまして、労働者が手にす る賃金はどんどん下がっているので有ります。

そんな事が進んできましたら、労働者の可処分所得が下がって購買力が低下して回り回って経営に影響をすると思うのですが、社会保険 労務士や会計士や派遣斡旋企業の口車に乗って、どんどん正社員の比率が下がって、派遣社員が増加していく一方なのが今の日本の現状で、将来の明るい光を見 出すのが難しくなってきたので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マイナンバー制度と副業
  2. 深夜・夜間のアルバイト
  3. 公設市場のアルバイト
  4. 高齢者の求人情報考
  5. Webデザイナーの収入とコンテンツ泥棒
  6. 人を雇うリスクについて
  7. 人余り時代の求人情報
  8. 2010人気就職先ランキング考
  9. 賄い付きのアルバイト
  10. 試用期間中の解雇について考える
  11. 募集広告と社員の平均年齢
  12. 三日三月三年と退職
  13. 失業者と職業マッチング
  14. 不自由業と自由業とは?
  15. 就職とむしろ鶏口となるも、牛後となるなかれ
  16. ツテやコネでの入社や転職
  17. 非正規社員から正社員への脱出方法について考える
  18. 転職と適正と損得勘定
  19. 週末起業とアルバイトとネットショップ
  20. フレックスタイム勤務の落とし穴(弊害)
  21. 就職浪人の活動と過ごし方
  22. 採用と個性的な社員
  23. シュガー社員と対応
  24. 求人情報と社員の定着率
  25. 就職活動と日経新聞
  26. 日本航空の特別早期退職募集について考える
  27. 同一労働と差別賃金
  28. 就職活動と留年と(就活留年)
  29. 適材適所について考える
  30. 就職難と資本主義経済
  31. 入社試験と面接と作文
  32. 副収入を得る方法について考える
  33. 女性の容姿と面接の問題と美容整形手術
  34. 廃品回収のアルバイト
  35. リストラと逆恨み?
  36. エキストラのアルバイトは日当なし?
  37. ヒーローショーのアルバイト
  38. 希望退職と損得勘定
  39. 中高年の再就職難
  40. 営業マンの転職について考えてみる
  41. 事務職の転職・再就職
  42. 農家の求人
  43. 就職・転職活動と携帯電話
  44. 海外で働く事と人材の流出
  45. 就職希望は年功序列へ
  46. 面接で面接官のチェック項目
  47. ヘッドハンティング・引き抜きされる人
  48. 入社試験と自己PRの方法
  49. 国家公務員の新規雇用半減へ
  50. 職業選択・給料と時給と余録
  51. 茶髪と採用面接
  52. 正社員の有効求人倍率
  53. 降格からの復活と転職
  54. 2009年3月完全失業率は5%に
  55. 再就職活動で不採用になる理由と原因について
  56. 公務員志向と志望動機
  57. 公務員の中途採用
  58. 斜陽産業と就職先
  59. 面接試験と第一印象とプチ整形
  60. 会社の寿命は短くなった?
  61. 新聞配達のアルバイト
  62. 良い転職、悪い転職、転職成功方法
  63. 大学ランクと就職試験と採用基準
  64. 会社を見限るとき転職を考えるとき
  65. ヒゲと人事考課
  66. 入社試験の面接での質問と回答
  67. インバスケット試験と問題点
  68. 面接試験の突破方法
  69. 派遣労働者、過去最多に思う
  70. 人を使うという事
  71. 就職難
  72. 昇給と人事考課
  73. インターネットで求職、転職活動に成功するには
  74. 有給休暇取得率
  75. 大学生人気就職企業ランキング
  76. ニート(NEET)働かない若者
  77. 働きアリの”働かないアリ”
  78. サービス残業
  79. パート・アルバイト・派遣社員の比率
  80. 立つ鳥跡を濁さず
  81. 就職か独立か
  82. リゾート地でアルバイト
  83. 競争社会と敗者復活
  84. 降格人事と日本型経営と敗者復活
  85. 連休明けの仕事とモチベーション
  86. 情熱の勧誘(求人)
  87. 少なくなった閑職についての所見
  88. 完全失業率とワーキングプアについて考えてみる
  89. 転職の判断
  90. 降格と適正について考える
  91. 自分の器の大きさ
  92. ブラック企業の見分け方
  93. 転職先人気企業ランキングと転職元
  94. 勝ち組企業の要素と条件
  95. 雇用を守る企業と人員削減
  96. 希望退職の募集と対応
  97. 転職に有利な能力や資格
  98. 入社してはいけない会社
  99. 社員旅行
  100. 馬鹿でも出来る仕事と求人
  101. 夏休みのアルバイト
  102. 賃上げ交渉について考える
  103. 円満退社の方法
  104. 就職浪人と公務員試験
  105. 内定取り消しをどう評価するか
  106. 転職の動機と本音と建て前
  107. 派遣切り捨てとお門違い
  108. 終身雇用制度の崩壊
  109. 自分にあった仕事の探し方
  110. 名ばかり正社員の増加について考える
  111. リストラ回避策
  112. 電気自動車不況と雇用の収縮
  113. それでも芸能界を目指す?芸能界に入りたい?
  114. 年齢別の給与水準
  115. 年齢不問・容姿不問
  116. 面接で落ちる人、採用される人材
  117. 就職難と資格商法
  118. 職を転々とする
  119. 最低賃金と生活保護
  120. 転職で成功する方法と転職支援サイトの利用法
  121. 遊ぶように仕事をする

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る