スポンサードリンク

成功するホームページの作成方法(メールマーケティング編)

メールマーケティング? マーケティングなんて難しそうな事を持ち出しても・・・いえいえ簡単に書きますからご安心下さい。

その1
ホームページで見てもらうよりも、自分から進んで受けとってもらうメールのほうが数段効果が有る。

その2
無作為に送りつける、いわゆるスパムメール※未承諾広告の類は逆効果である。

その3
どんな人に自分の書いたメールを読んで欲しいのかをはっきりさせる。

その4
メールを受け取った方が、喜んで読んでくれる内容を考える。

以上のポイントを押さえる事なんです。 簡単ですね。

ホームページは待ってて不特定多数の人に見てもらうのですが、メールの場合この場合はEメールをさしますが、基本的にメールは一対一のコミ ニケーション手段ですから、より自分らしく相手に自分の伝えたい事を伝える手段になってきます。

検索エンジン対策だけに頼っていると、検索エンジンの調整で順位が下がって、アクセスが激減してしまったりします。

所が例えばメールマガジンをホームページ上で発行を始めたとして、例え一日一人しかメールマガジンの購読の申し込みが無かったとしても、多 少の途中での解約が有ったとしても1年後に100人とか200人の相手があなたの書いたメールを受け取ってくれる形になります。
つまり徐々に蓄積ができるわけですね。
ホームページで安定したアクセス数を目指すならば一度メールマガジンの発行も検討されてみたら如何でしょうか?

しかしメールの発達とともに迷惑メール、スパムメールの類が増殖いたしまして、国内はもとより中国やアメリカから海を渡って大量の スパムメールが届くのでありまして、インターネット上に渋滞を引き起こしているので有ります。

また各社がメール配信に力を入れていますので、早く手を付けてしっかりと継続して配信を続けて配信先を着実に増やしていった企業だ けが、成功を手にするのでは無いでしょか?

継続していますと確かに書く内容に困ってしまって簡単な内容になってしまう事も出てきてしまうので有りますが、そこを乗り切る必要 が有るのであります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 成功するホームページの作成方法(メールマーケティング編)
  2. データ活用編
  3. 検索エンジン上位表示編
  4. 命名権販売ビジネス
  5. 忘れた頃の嬉しいメール、究極メールマーケティング?
  6. 東京ディズニーランドは掃除で勝負有り!
  7. イベント企画成功の鍵
  8. イメージソングの有る企業、企業のテーマソング
  9. ブランドとグループ企業
  10. 鑑定書
  11. 広告代理店の問題
  12. 企業の広報とツイッター
  13. 販売企画の立て方
  14. 販促活動とレビューと中傷書き込み
  15. 香りや匂いによる販売促進
  16. アクセスが上がらない対策
  17. デパート(百貨店)は復活するのか?
  18. イベントと無駄使いとレンタル用品
  19. 殿様商売
  20. 呼び水効果と流行
  21. 行列屋と集客
  22. ガラポンソフト
  23. 千客万来とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る