スポンサードリンク

キャンプ用品

高校生の頃、キャンプに凝っていた時期がありまして、その頃にバイト代で買ったキャンプ用品の大部分はどこかに行ってしまいましたが、寝袋くらいは残って います。

今のオートキャンプ全盛と違って、昔はキャンプに行くといえばリュックに荷物を積めこんで行きましたので、当然キャンプ用品・登山用品は必 要最低限の機能で無駄な機能が無く、ある種の機能美が有りましたね。

調理及び食器セットなんかは大き目の鍋のなかに中くらいの鍋が入って、ヤカンが入って、皿が入ってきちんと収まっていましたし、全部アルマ イトで出来ていましたの非常に軽い。

今の一人用テントなどはもう、夏用のなどは折り畳み傘が少し大きくなったくらいで収納できて、十分に一人が横になれる広さが設営すると確保 できますね。
ゴアテックスって呼ばれる、防水透湿(水は通さないけど湿った空気は通すので蒸れない新素材)素材もテントの素材として使われて始めて目にしました。

火を使って調理する、ガスバーナーやガソリンコンロの類も、特にガスバーナーはびっくりするくらいに小さくて、小さいながらもきちんと調理 は出来ますのでたいした奴です。

中には、収納性を追及しすぎてどうにも使えない物もありますが、それはそれで笑えまして昔12得ナイフとか知りませんか?

折畳式のバタフライナイフに色々付いているのですが、ナイフに栓抜き、コルク抜き、ドライバー、はさみ、スプーン、フォーク、何故か耳掻 き、等々が一つのナイフに凝縮されていましてこれ一本で12種類の働きをするらしいのですが、買うだけ買ってナイフくらいしか使ったことは無いのですが。

ついでに、私のお勧めのキャンプ用品ですが、一つはガムテープでこれが有ると破れたテントの補修から、はしご作りから結構なんでも作れた り、まとめたり出来ますので重宝いたします。

もう一つは、紐とカラビナで夜になると物がどんどん見つからなくなって苦労しますが、紐をつけられるものは紐をつけて、首でもどこでもカラ ビナで引っ掛けておくと便利ですよ♪

追伸

昔はテントと言えば日本では小川テントが有名でしたが、日本におけるアウトドア、キャンプ用品にコールマンが随分と力を入れている ようで、どうもキャンプ用品の定番はコールマンの独壇場のようになってしたように思います。

しかしキャンプ用品はどれも割高な感じがするのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 社内旅行の実施率と参加率と出世の関係
  2. 千葉県の初詣スポットとご利益(ごりやく)
  3. 千葉県の海水浴場
  4. 旅行のお土産とプレゼント
  5. オートキャンプとキャンプ場
  6. 平湯大滝公園
  7. 旅行用スーツケースの選び方
  8. 長期滞在型リゾートホテル
  9. 紅葉狩り
  10. 千葉県の温泉
  11. キャンプ用品
  12. 旅行計画の立て方
  13. 観光立国推進、賛成?反対?
  14. ホテル旅館、宿泊施設の宿泊拒否問題
  15. 花火大会
  16. 銭湯の衰退とスーパー銭湯の躍進
  17. 世界一周の定義
  18. 立ち乗りの飛行機と格安航空券
  19. 花火大会
  20. 九十九里浜の海水浴場
  21. 海離れ
  22. バーチャル散歩ツール
  23. 円高と海外旅行

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る