スポンサードリンク

中古品の流通と分をわきまえる

古本販売の巨大企業ブックオフがヤフーと提携してヤフーオークションを活用して販路を拡大するのだそうですね。

私の考えとしては環境問題とか、勿体ないなんて感情もあって未だ使える中古品が適正な形で流通するのは良いと思うのですけど。著作権が関係してくるような本やCDなどは規制が必要では無いでしょうかね?

これは例えば機械製品や電気製品の中古の場合でしたら、使用年数によって劣化していたり傷んでいたりして商品価値そのものが低下していますし、メーカーの保証も受けられない場合も多いですし、メーカーにとっても消費者が中古市場に出すという形であっても、手放した消費者が新製品を新たに購入してくれるなどの中古市場活性してのメリットはあるわけです。

ところが古本の場合ですと、特に週刊誌やマンガの類になりますと出版元や著作者に対するメリットはゼロなんですよね。

書籍なんてものはなにせ中に書いてある文章が商品ですから、別に古本であっても本から得る知識や情報は新本と全く変わりありませんし、じゃぁ手持ちの本をブックオフに売って新しい本を購入する需要喚起も殆ど無いのでは無いでしょうか?

ですから少なくとも発売日から半年間は中古品としの流通を制限すべきでは無いでしょうかね?

別に著作者の肩を持つわけじゃないですけど、印税だけが収入源の作家にとりまして、自分の作品がいくら中古市場で活発に流通いたしましても一円の印税も入ってこないのに、古本なり中古CDを購入したユーザーは著作者の情報をちゃんと受け取っている事になりますからね。

思うに昔から古本屋さんとか質屋さんとかいった商売は日本に有りましたけど、古本屋さんにしても質屋さんにしても分をわきまえると言いますか、決して商売を大きくして出版社や著作者の経営に影響を与えないような規模でずっとやってきていましたし、実際に古本が新刊本の流通に影響を与えていなかったんですよ。

ですからアメリカのように著作権に対する法整備も極めて緩いものでしたが、それぞれが分をわきまえる商売に徹していましたから社会全体としてうまく調和が取れていたと思います。

つまり法律や規制がなくてもそれぞれが分をわきまえる行動に徹していれば、別に規制なんてのは不要な社会であったわけでです。

決まりつかり法律や規制がないと好き勝手に行動してしまうってのは子供で、別に明文化されていなくてもちゃんと調和の取れた行動が出来るのが大人なんですから、現代人はどんどん子供になっていっているって事なのでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る