スポンサードリンク

下位メーカーの営業戦略

特に地方都市なんか行きますと大手量販店などではお目にかかれないような様々なメーカーの商品が並んでいまして、別に全国的に知名度がなくても全国的に販売されていなくてもちゃんと会社は頑張っているななんて感じますね。

さて中小零細メーカーですとか業界内でのシェアが小さな弱小メーカーとして取っている営業戦略としては二種類あると思うのです。

まずひとつは大手メーカーが販売している商品とほぼ同じような物を作りまして、まぁ場合によってはパッケージデザインまで似せてきたりする場合もあるんですけど、とにかく類似品商法とでも言いましょうか宣伝広告費は一切かけないで人件費の削減については不明ですけど、とにかく類似製品を何割か安い市場価格で提供して、オコボレを頂いて生きて行きましょうって営業戦略ですね。

もう一つは独自路線を歩むといいますか、製品に一切の妥協も時には市場からの要求も無視しているんじゃないかと思われるほどm独自の規格で一定の市場を確保するって我が道を行く営業戦略です。

でこの我が道を行く独自戦略ってのはコアで熱狂的なファンだったり信奉者みたいなユーザーを確保致しまして、大きな売上の伸びは期待できないけれど、安定した売上を確保できている場合も多いんですね。

その手のメーカーの場合は下手に大手を意識したり市場の嗜好変化に合わせて製品の仕様を変えたりしちゃいますと、固定客を逃してしまって更に新規顧客開拓も失敗して衰退しちゃうなんて事が多いような気がしますが、実際のところ我が道を行く路線ってのは市場(問屋さんとか代理店とか)からの要望ですとか色々な圧力でもって揺らいじゃったりするんでしょう、経営者としても舵取りが難しいのかもしれないですね。

まぁこんな話を書くのはその昔、となり町に独自でやっている個人営業のハンバーガーショップが有ったんですよ。

ハンバーガー一個が600円とそれなりに高額でしたが手作り感と言いますか、家庭料理の延長みたいな感じでして私の好みに合致したので機会があれば利用していたんですけど、その後は路線転換で安値作戦に移行してしまって商品そのものも大手チェーン店の劣化コピーみたいな感じになってしまって店を閉めてしまったようです。(もしかしたら違う場所に移転して営業しているのかもしれませんけど)

そんなわけで独自路線の我が道を行く営業戦略はそれ自体が一切市場に通用しないって場合よりも、気持ちが揺らいで大衆迎合みたいな方向に進もうとした時のほうが経営的に危険なのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る