スポンサードリンク

独占禁止法とグローバル経済

商売をしている経営者でしたらそりゃ市場を一人で独占してしまって、殿様商売で不当に高い金額でも我が社の製品を買う以外に選択権がないのでうから巨万の富を築きあげることも夢じゃないのですけど、そんな状態では消費者が著しく不利益を蒙りますし国内経済にも宜しくない影響を与えてしまうので独占禁止法という商行為の一部を制限する法律が機能してきた訳ですね。

いまだにダーウィンの進化論を信じている人は少ないと思いますけど、環境に適合(市場にマッチした)した生物が生き残るのではなく実際の自然界では自然と調和を取るような状況になるのですけど、唯一例外なのが人間の世界なので有りまして、ほうっておくと本当に強いものだけが生き残ってしまうから、独占禁止法ってのは日本経済の発展に不可欠だったと思います。

さてどうも過度なといいますか一部の内側から泥棒を招き入れるやつといいますか、グローバル化という名の自由競争の土俵に日本は徐々に引っ張り込まれつつ有るのですけど、そうすると独占禁止法は完全に力を失ってしまうのは間違いないのでは無いでしょうか?

過去の流れを見てもグローバル・スタンダードになってしまった外国勢力が国内に入ってきて気がついたらすっかり日本市場を独占されて閉まっていて、巻き返そうと思ってもすっかり隅々まで市場を押さえられてしまって為す術無しで手も足も出ないなんて状況になってしまうんですよ。

なにせ私が感じるにはグローバル経済の中で勝ち残っているグローバル企業ってのは共存共栄の思想は微塵もなくて、有るのはいかにして市場を独占するかといった戦略的な考えしか無いのですから、一社独占状態に進むしか無いんですよ。

ひとつ具体的な例を出しますとパソコンのOS(オペレーションシステム)ですけど、これはマイクロソフトのウィンドウズとアップルが市場を独占していまして、日本のOSは全く動いていないのが実情ですね。

かつてはTORON(トロン)と呼ばれた日本発のOSが存在していた人もめっきり少なくなったと思いますけど、可能性としてウィンドウズに対抗出来るだけの可能性を持ったOSがかつての日本には存在していたんですけど、あえなく撃沈してしまって今のアメリカ企業の独占状態になってしまったパソコン市場が有ります。

そうなんですよ、国内法である独占禁止法では海外企業から国内企業を守ることが出来ないのでありまして、気が付くと日本企業は軒並み撃沈しちゃったり致しますので過度なグローバル化には歯止めをかけなくちゃいけないのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る