スポンサードリンク

消費者心理とイオンの凋落

今朝のニュースでセブンが最高益でかたやイオンは90%の減益なのだそうだ。

スーパーとコンビニを比べるのもどうかと思いますけど、そりゃ独居世帯が過半数を超えている今の日本で、大型店舗を全国に出店していく営業戦略のイオンとコンビニエンスストアを全国に細かく配置していくセブンでは勝ち負けが出てきちゃうんじゃないかなってのが第一の感想ですね。

まぁイオンの場合はネットでの風評と言いますか、民主党の岡田さんつまり民主党のイメージが強すぎて損をしているだとか、プライベートブランド商品に原産地表示が無く、いったいどこで作られた又は栽培された商品なのかがシークレットなのでどうも信用出来ないなんて色々と理由があるように思います。

そういえば先月久しぶりに茂原のイオンに出かけたのですがハッキリと分かるほど店内は閑散としていて、お惣菜コーナーは売れ残りの惣菜ばかりが値引き販売されていたのが目につきましたし、買いに行った手土産のお菓子系の贈答品コーナーでは店員さんの対応は非常に良かったのですけど、お客の数よりも圧倒的に多い店員さんの姿が目につきましたね。

さて話題はイオンの事を離れて消費者心理について考えてみたいと思います。

その昔に”赤信号みんなで渡れば怖くない”なんてのが有りましたけど、消費者心理は集団心理と同じみたいな所がありまして、一部の(イオンの場合は一部のアンチイオンの人)のどうもあのスーパーは信用ならんから買い物に行かないなんて人の存在が、何となく全体の5%だとか一定の割合になりますと、それがいつの間にかジワジワと広がりを見せ始めまして、途中で逆転する事は非常に難しいのですよね。

これが生鮮食品を取り扱うスーパーマーケットじゃかなり痛い事で、客足が減ることで肉魚野菜などの生鮮食品の回転が鈍って鮮度を保つことが難しくなったり、それに対応するために品数を減らすことによって品揃えが・・なんて感じでスパイラルが負の方向に進んできてしまうのでしょうね?

しっかし地方都市に巨大スーパーが回転した結果、地元の小さな商店や商店街ごとそっくり無くなってしまって跡にはシャッター通りだけが残ったかと思えば、今度はその巨大スーパーが赤字撤退してしまって、残るはコンビニエンスばかりになっちゃうんでしたら、最初から個人営業の小さな商店ばかりだった頃とたいして違わないわけで、三十年周期で少し形態は違うけど元に戻りましたなんて感じがしないでもないのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る