スポンサードリンク

ジリ貧対策と売上回復策

売上の下落に対しては経営者によって気にする範囲が違うと云いますか、例えば一気に売上が半分になってしまったら大慌てで対策をいろいろ考えて実行したりしますが、これが3%とかだったら誤差の範囲だとか天候の影響だとか勝手に理由をつけて、深く原因や要因を探ろうともしないで放置するなんて事になると思います。

さて特定の分野や商材に特化して営業活動を行っている場合、売上の落ち込みに対して大きな決断を迫られる場合が多いですよね。

毎月毎月、少しずつ少しずつ売上が下がっているけど、一応は損益分岐点の売上はクリアしているうちは良いのですけど、これがやがて毎月赤字が出るようになったら、ここで色々と悩むわけですよ。

なにせ単一の商材や分野で商売しているわけですから、簡単に次の売れる商材も見つかりませんし落ちているとはいっても一定の売上を毎月得ている商材に対しての営業活動を他に振り分ければ、徐々に落ちていた売上に拍車をかけるなんて事にもなりかねませんからね。

順調に売上利益が出ている時の経営者は誰がやっても簡単なんですけど、売上が下降局面に入ってしまった時は経営者の手腕や先を見る目が試される事を実感いたします。

何か目先を変えてみるとか打開策を考えて実行しなくちゃって思いと、売上下落に対して低価格路線にかじを切って利益の出ない体質にどっぷりハマってしまった企業ですとか、高価格路線に進んではみたものの顧客離れを起こしてしまってもう立ち直れないほど客足が落ちてしまったとか、傍から見ている限りですけど目先の売上下落に過剰に対応してかえって傷口を深くしてしまった例も数限りなく有りますからね。

ここからが私の結論と考えなのですけど、誰がどう考えても今やっている商売に将来性がなくて10年後には必ず消滅していると思われる以外は、身を潜めてじゃなかった余計なことをしないで生き延びるつまり事業を継続することだけに専念して余計なことをしないってのが最良の策じゃないかと思うのです。

その理由として一部の急成長している分野や斜陽産業を除けば、売上減少や増加の大きな流れは後になってみると自分の経営努力よりも、全体の景気動向ですとか消費者心理みたいなあがらえないような大きな力や流れが売上に現れている場合が圧倒的に多いように思えるのです。

ですから会社を存続させるために経費を切り詰めて余計な事も一切しないでなんて書きますと経営者として無能者みたいに感じてしまう人が多いと思いますけど、あえてじっと我慢しているって忍耐力も経営者には必要だと思うのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る