スポンサードリンク

営業に使える情報源と使えない情報

いきなり結論みたいなことを書きますけど様々な相手に営業活動を行うつまり時にはお客を選べない営業マンにとって、話や情報の引き出しは大きくて多いほうが絶対に良いのでありまして、誰が考えてもそんな情報は営業活動にはさっぱり役に立たないなんて思われる情報でも、思わぬところで役に立ったりするのでありますから、例えば玉ねぎを素早くみじん切りにする方法なんて情報でも無いよりは有ったほうが良いのでありますね。

つまりですね営業マンとして販売に役立つような情報を積極的に集めるみたいな行動はやるべきなんですけど、勝手にね役に立たないから無視なんて事ばかりやっていますと、話の幅が狭いつまり視野が狭い人とか専門性は高いけど汎用性が皆無な人になってしまいますから、その辺りは注意しなくちゃいけないんですよね。

特に個々最近ではインターネットの情報氾濫に対しましてかいつまんでまとめて情報送信してくれるメールマガジンの存在ですとか、まとめサイトなんてものも有りますから、基本的には多くの情報を流し読みみたいな感じで気になった項目を更に調べるみたいなスタンスが良いのですよ。
特に注意しなくちゃいけないのはネット上の情報発信ってのは個人にしても大手マスコミにしても、と言いますか大手マスコミの方がよりその傾向が強いと思うのですけど、情報が偏っていたり一方的な思い込みや情報による読者誘導みたいな傾向が強いのが現実ですから、とにかく幅広く情報源は持っておくのが正解なんですよね。

よくね先輩風みたいなものを吹かせまくるような自称情報通みたいな人の中には、私の情報源はこことこことコレで以上、あとは情報としての価値はないなんておなしな人がいらっしゃいますけど、そーゆー人ほど知識や情報が偏りやすいので、その手の人がもたらす情報にはとても注意が必要ですし、それが日経新聞とプレジデントと東京スポーツなんて場合であれば、まぁ基本的に聞き流しても良いのでは無いでしょうか?

さて最後にあなたが営業マンであれば絶対に間違いなく営業に使える情報源を教えましょう。

はい感の良いひとなら答えは分かっていると思いますけど、それはユーザーだったりお客だったり、つまりあなたが商品やサービスを売り込むうとしている人が持っている情報でこれは営業マンでしたら普段から毎日接しているのですから取ろうと思えばいくらでも情報は取れるんですね。

それに気が付かないで一生懸命になって営業活動に使える情報を探しまわっているなんてのは、灯台下暗しって表現すれば良いのでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る