スポンサードリンク

客先での気後れと売ってやるの気持ち

社会に出て営業社員として働き出して客先に訪問するのに気後れするみたいな間隔はだいたい営業マンになってから10年位は有りましたかね?

なぜかと原因を聞かれてもはっきりした答えは無いのですけど、まぁ売りたい気持ちよりも見ず知らずの相手に飛び込んで営業活動をするのですから、歓迎してくれるところなんてのはあるわけもなく基本的に迷惑な存在なんですから、そんな相手の反応に気後れしていた事が大きいのではないかと思います。

私の場合は運良く二十代の頃から40歳位までは経済成長していたといいますかバブルの頂上に達するまで右肩上がりの成長をしている日本での営業の仕事ですから、なんだかんだいってもちゃんと仕事に取り組めば一応はそれなりの売上が上がる時代だったわけですけど、それでも客先訪問への気後れってのは払拭するのに10年以上かかったわけですよ。

その営業活動に対する気後れが徐々に薄らいでくるのですけど私の分析としては2つの理由が考えられます。

一つは社内での立場が社歴が長くなって役職が付くようになった事で売上目標がより大きくなってきただとか、売上目標達成へのプレッシャーが景気の低迷みたいな外的要因も有るわけですけど、とにかく売上に対するプレッシャーをより大きく感じるようにまたはプレシャーがかかるようになってきて、気後れなんてしては居られなくなったってのは大きな要因です。

まぁこれは若い営業マンの方でも売れなきゃ今日の飯が食えないなんて状況であれば気後れなんてのは感じている余裕は無くなってしまうのではないかと思います。

もう一つの気後れしなくなってきた理由原因は売るんじゃなくて買う人を探すのが営業の仕事で心の中では買ってもらうんじゃ無くて、売ってやるんだって気持ちが持てるようになってきたからだと思います。

まぁこれは今でも昔の勤め人時代でも同じなんですけど、自分の売り込む商品は他社と比べても引けをとらないとか、ここは負けちゃうけどここの部分はこっちの勝ちみたいに、商品に対する自信の拠り所みたいなものを見つけて又は勝手に想像してから営業に出かけるようになったからじゃないかと思います。

なんて以上の事は全て建前で本当の理由を書きますと単に年令を重ねて心が図太くなって少々の事じゃ動じなくなってきたといいうか、ある方面においては感度が鈍くなってきたってのは本当の原因でしょうね。

ですから営業の仕事を始めてみたけどどうも客先に訪問するのに気後れしちゃうなんて人でもね、何年も経てばぜんぜん平気になってますから大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る