スポンサードリンク

万引き対策のアイデアと高齢化

技術大国と一応は海外からも評価されている日本がその一方で万引き天国みたいな感じで莫大な万引被害に小売店が困っているってのは変な話ですよね?

万引きに味をしめてエスカレートするなんて事も考えられるんですから対策をしっかりしなくちゃいけないんですけど、ハッキリ言って店舗運営側だけの対応じゃ不可能なのでありまして、技術力を生かして無人化しないとダメだと思うんでしょね。

一方はメーカーの方でセンサーに反応するタグですとかシールなんてのを開発していますけど、装置そのものが高価であったり(それでも万引被害をゼロに出来ればペイするわけですけど)、レジ操作が煩雑になったり店に納入された商品を売り場に出す前にシールを張ったりタグをつけたりするのに膨大な手間がかかったり、そもそも万引き防止のシールなんかですと剥がされてしまったら無力化するなど、完全に万引きを防止する方法はまだ開発されていないようですね。

さてここからが万引き防止のアイデアなんですけど、無人監視カメラの秘術って実際すごく進んでいるじゃないですか?

無人で監視している間にセンサーの範囲内に動くものとか、人を感知して撮影は対象の人を追いかけるようなね?

この技術を推し進めれば例えば無人監視のカメラが棚から商品が移動して買い物カゴや手に持って移動する以外の、ポケットに入れちゃうとか手提げかばんの中に商品を入れた場合に素早く察知してお知らせするとかね。

実際には非接触型のセンサーと無人監視カメラとを組み合わせて日本の秘術力じゃなかった技術力を持ってすれば可能なのは間違いないんでしょうけどね?

話は変わりますが万引きといえば若者ってイメージはすっかり昔の話になってしまっていて、中年男女から特に高齢者の万引きが大きな割合を島ているのが今の日本なのだそうですね?

いい年をして万引きなんてなんだか悲しい現実なのでありまして、高齢者の万引きの場合推測するに生活苦からとしか考えられませんし、失って困るような社会的な信用なんてものも何処かに無くしてしまった人が多いんだなって思います。

思うに生活保護の受給者と非受給者、生活保護は受けられないけど食うに困る状態の中間がないので食うに困ってなんて高齢者の万引きが多発するんでしょうね?

このあたりはアメリカあたりの食事のクーポンみたいなものの導入を考えても良いのでは無いでしょうかね?

もちろん同時に働けるのに働かないような受給者を減らしていかなくちゃいけませんけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る