スポンサードリンク

バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?

最近、国民生活センターより注意喚起も出ているようですけど、最近はバイナリーオプションを利用したインターネット取引を勧誘するサイトが幾つか出ているようですけど、注意喚起が出るって事ははい?分かりますよね?

実はインターネット初心者の知人からミラクルオプション(Express Services Limited.運営)について、こーゆーのどうなの?と相談を受けまして手も空いていたので見てみました。

先に結論を書きますと今回私が相談を受けたミラクルオプションに限らず、海外のバイナリオプション取引をやってみたい方は先ずは国民生活センターの該当ページをお読みになってから判断される事が賢明じゃないでしょうか?
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140904_1.html

まぁ見なくても大体は想像がつきましたけど、pc.miracle-option.comを見てみますとまぁ簡単な操作で単純に高くなるか安くなるかを予想して・・って丁半博打じゃん。

つまり手数料を一切無視して考えても誰かが儲かるって事は同じだけの金額を誰かが損しなくちゃ数学的に破綻しちゃうわけで、仮に運営会社が詐欺じゃないとしても、儲かるか儲からないかは半々の世界なんですよね。

さて私の結論ははっきりしていて知人には頭を冷やして冷静になりなさいなんですけど、一応ミラクルオプションの規約を見てみましたが、かなり気になる記載を発見。

以下抜粋
”お客様が預り金を出金する場合、お客様は当社が指定する必要書類を当社へ提出しなければならない。”
運営会社はアメリカが所在地みたいなんですけど(少なくとも日本国内の住所表記は無し)、つまり仮にバイナリオプション取引に勝ってもいざ儲かったお金を引き出す場合は都度アメリカに必要書類を郵送しなくちゃいけないのね?

”マネーロンダリング防止のため、入金から出金までに取引実績がない場合には出金手続きが行えないことに同意する。”
あれれ?これはどういう事なのか理解できませんね?

一応一般的な事を書きますがまともな会社であっても国内に事業所が有って国内の法律による規制を受けていない会社と取引をするって事は相当のリスクを覚悟しなくちゃいけないって事です。

例えば相手の会社と連絡が取れなくなったりとか、一切入金されないなんて場合でもアメリカまで出かけるわけにもいきませんし、国内で国民生活センターに相談したり、警察に訴え出てもまず具体的に何もすることは出来ないでしょう。

投資は自己判断でなんてのは実際には甘い言葉なのでありまして、現実には投資はお金を捨てる覚悟と余裕が無い限りやってはいけないって事なんですよ。

特に欲に目がくらんでいる人ってのは絶好のネギを背負ったカモ状態ですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る