スポンサードリンク

頑張れ朴槿恵大統領!

大統領就任以来精力的に活動している韓国大統領、朴槿恵氏ですが今回は形は市民団体からの告発という形になっていますが、産経新聞の加藤元支局に対して名誉毀損の訴えを起こして在宅起訴までこぎ着けたようで、中々頑張っているじゃないですか?

前にも私は朴槿恵大統領は親日家だと書きましたが、心の中の親日的な心をひたすらかくして日本復活のために頑張っているのだという思いが、確信へと変わってきましたね。

今回の産経新聞ソウル支局長への名誉毀損による起訴ですけど、誰が客観的に見ても韓国に対して特に各国のジャーナリストから大きな批判が集まりますし、世界各国に対して韓国の国民性とでも言いましょうかかけ離れた常識ぶりをPRすることになって、韓国に対してメリットとかプラスなんてものは何一つ無いのですよ。

日本に関して言えばそりゃ産経新聞の加藤支局長はついに在宅起訴されてしまって場合によっては有罪判決を受けてしまう可能性も少なくないのですけど、それ以外は日本国についてマイナスやデメリットは皆無じゃないですか?

なにせ度を越した告げ口を世界中でやっていたり日本を貶める事しか生きがいがないとか、経済的にも日本の技術協力に対して恩を仇で返すような国が韓国だと思いますけど、それが中々わかってもらえない世界の国々が多かったですからね。

それが朴槿恵大統領の頑張りと努力のお陰で日本と韓国のどちらがまともな国なのか、今回の産経新聞に対する名誉毀損訴訟の一件で徐々に明らかになってくるのじゃ無いでしょうか?

思うに日本として一番困る厄介で扱いにくい大統領ってのは日本に向いては笑顔で愛想よく接して、他の国に行くとさり気なく巧みに日本の足を引っ張るようなしたたかな外交をやってくる国が一番扱いにくいし、日本がダメージを受けちゃうんですけど、朴槿恵大統領のようにオーバーアクションで反日攻勢をかけてくれてその勢いで今回のような事をやってくれれば、日本としては韓国のオウンゴールを見ているだけで楽なもんですからね。

そんなわけで私としては朴槿恵大統領、頑張れ、任期いっぱいまで今の方向で一直線に進んでほしいと思うのです。

ほらほら産経新聞、加藤元支局の在宅起訴を受けて世界各国から韓国非難の声が上がり始めているじゃないですか、もちろん日本や産経新聞に対する批判的な声はぜんぜん聞こえてきませんね。

ここまで計算して実行してくれるんですから朴槿恵さんは流石だと言う他は無いのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る