スポンサードリンク

猜疑心の使い方

経営者なら尚更ですが部下というものを持ってその行動や仕事に対する成果が自分の責任範囲になってきますと、人を信用して任せるだとか疑ってかかるだとか色々と考えることが増えてくるのでは無いでしょうか?

私の場合はずっと営業の仕事をしてきましたので基本的に部下は会社の外を出て上司の目が届かないところで仕事をして帰ってきますので、サボっているんじゃないかだとか、指示通りの動いているんだろうかだとか、疑い出したらきりが有りませんし、逆に信用しすぎてあとでしっぺ返しを食ってしまう場合も少なくないのです。

これは昔の人はよく言ったもので、上司が部下を見抜くには3年かかるけど、部下は上司を3日で見抜くなんて諺が有りますよね。

さて過ぎたるは及ばざるが如しじゃないですけど猜疑心ってのは全くゼロじゃやがてどこかで足を取られてしまいますし、猜疑心の塊みたいな感じに他人から思われてしまったら、それは孤独で寂しい人生を送ると思いきや結構これが特定の会社では出世したりするもんなんですね。

つまりですね猜疑心の強い人が部下を持ちますと、基本的には何事も疑ってかかりますし報告関係も細かく報告を求めたり疑問を感じたことは躊躇なく質問攻めにしちゃったりしますので、部下は気が抜けませんし簡単にサボったり出来ませんね。

もちろん上手な人はたまには部下を飲みに誘うですとかのフォローをしますし、信用できると判断した範疇に関しては全面的に信頼したりも致しますし、つまりスタートは猜疑心の強い感じでスタートして徐々に緩めていくって感じが社内で出世していく人のタイプじゃ無いでしょうか?

逆にですね始めて営業の責任者になった人がもう頭から部下を信頼してしまって、部下の方はどうもたがが緩むみたいな感じで売上も全然上がらないなんて感じですね。

でそこで初めて上司は部下の行動や営業活動に疑問を持って色々と調べてみると、まっとうに仕事に取り組んでいない部下がいることが判明するなんて場合も少なくないのです。

そこで初めて猜疑心も上司や責任者には必要だと気が付いても後の祭りで、巻き返しもそう簡単じゃないですし、そもそも部下を放任してしまって部署の成績をダウンさせたなんて事ですと、指導者失格の烙印が既に押されてしまったりするわけですよ。

ですからね少なくとも会社員として働いて部下を育成指導する立場になりましたら、スタートを強めの猜疑心で部下に接しまして状況によって徐々に緩めていく事がベストなんじゃ無いでしょうか?

しっかし朝日新聞の誤報が未だにくすぶって居ますけど、何事も疑ってみなくちゃいけない時代なのかもしれませんよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る