スポンサードリンク

天候不順と景気の関係

先の消費増税の影響が日本経済を停滞させる方向に作用してそれが実際の経済統計にもハッキリと出始めているようですが、何故かマスコミから出てくる声は天候不順による影響しか聞こえないんですよね。

しかも天候不順が具体的にどのような影響を与えたかについての言及は一切なしなのでありまして、少しこの天候不順と景気の関係について考えてみたいと思います。

さて景気の状況とは物が売れるか売れないか、つまり日本国内全体の最終消費支出の合計が名目GDPの大多数ですから、天候不順によって何の支出が落ちたかを考えなくてはいけませんね。

まず解りやすいのが観光産業全般でしょうね。

晴れた空青い海なら多くの人が家から出かけて中には観光地に足を運ぶ人が増えますし、逆に大雨の降る日なら家に閉じ籠もってテレビの前で無駄な時間を過ごす人も増えますから、観光産業が吸い上げるお金は減少するでしょうね。

まぁ人が出かけたら交通機関も利用するしガソリンの消費も増えるし外食産業の売上も伸びてくるのは当然の話しで、この辺りが局地的に天候の影響を受けて景気が後退すると言えるでしょうね。

ただですねこんな観光産業全体の売上が例え50%落ちたとしても日本全体の景気に与える影響なんてものは数字に現れないほど小さなもので、誤差の範囲とも言える程度しか無いと思うのですよ。

他に天候の影響を受ける産業は何か無いかなと考えて見ましたけど、清涼飲料水とか麦酒とかアイスクリームとかいったものが有りますけど、・・なんて感じでこじつけも含めて色々と考えれば確かに出てくるんですけど、・・けど消費増税の影響のほうがとてもとても大きいと思うのですよ。

けど一部の再増税を切望する勢力にとって真実の実態を公表したら、再増税への道が遠くなってしまうので天候不順を理由に持ってきたのだと思いますけど、マスコミがそれに同調しちゃダメですよね。

少なくとも消費増税と天候不順による景気の影響を併記してそれぞれについてちゃんと根拠を示さないと、報道に対する信頼はぜんぜん発生しないんですよね。

まぁこんな偏った真実を隠しちゃうような報道ばかりしているからマスコミの凋落は加速するばかりで回復する兆ししか見せていないわけですけど、それでも未だにマスコミのいうことを鵜呑みにしちゃっている人が過半数を占めている現状が日本の発展の足かせになているような気がするんですよね。

しっかしネットの世界では大手マスコミはぜんぜん影響力を発揮できませんね、だって発信する情報がアレですものね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 朝日新聞を擁護する
  2. アリババの問題点や危険性
  3. 自転車操業の方法と資金繰り
  4. コウモリ営業とコウモリ外交
  5. 営業力が弱いからクラウドの普及率は低いまま?
  6. 売上不振と景気の波
  7. 万引き対策のアイデアと高齢化
  8. WinWinの関係と搾取モデル
  9. 下位メーカーの営業戦略
  10. オマケ商法と食玩と抱き合わせ販売
  11. 値下げの本音と建前と大義名分
  12. 営業活動における失敗事例
  13. 交渉に絶対負けない方法
  14. 断る理由と断られる原因(営業社員向け)
  15. 売上予測と売上目標の違い
  16. 現代の勝ち組の思考回路
  17. 一人負けの要因・原因
  18. 営業に使える情報源と使えない情報
  19. 粘りの営業?無駄な営業活動?
  20. 難しいのは守りの営業です。
  21. 言い訳力と営業力は比例する
  22. 社員の引き抜き対策と引き止め
  23. 新規取引先開拓方法と正規のもぐり業者
  24. 客先での気後れと売ってやるの気持ち
  25. 消費者心理とイオンの凋落
  26. やる気を無くす最大の原因は報われない、認められない事
  27. 見た目が出世を左右する?
  28. のれんの営業力
  29. バイナリーオプション取引、ミラクルオプション?
  30. 器用貧乏と万能選手と営業センス
  31. 入社祝いとか進学祝いに贈るものの定番について
  32. 独占禁止法とグローバル経済
  33. 天候不順と景気の関係
  34. 頑張れ朴槿恵大統領!
  35. 中古品の流通と分をわきまえる
  36. ジリ貧対策と売上回復策
  37. 景気は回復しない前提での営業戦略
  38. 日本の未来は明るいか?
  39. 人脈の手入れの方法を考える(営業マン向け)
  40. 顔付きで損する人
  41. 源義経は何時の時代でも出世できません。
  42. 猜疑心の使い方
  43. 正しい言霊の使い方
  44. ヘイトスピーチと誹謗中傷と匿名性
  45. 人事異動と陰謀・策略の話
  46. 売れる要素(結局はアピールが上手なほうが勝ち)
  47. 降格の理由、人事は相対評価もあるのですけど。
  48. どん底からの復活と妄想力

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る