スポンサードリンク

タイムセールと煽る営業術

スーパーマーケットなんかでタイムセールなんてのは昔からよくみた風景ですし、そういえば自分もメーカーの営業マンをやっていた時には期間限定の特典付き販売促進セールなんてのをやっていた事もありましたね。

私の営業マン時代の期間限定なんちゃらみたいな類はそーゆー楽して売る方法ばかりに安易に流れてしまうと、何も無い時に売る苦労が倍増しちゃうしそれなりの金額のシステム(200万円~500万円)だったので、多少はクロージングの結論が早くなる程度で年間を通じての販売実績の押し上げには貢献しない事がわかりましたのでやらなくなったのですけど、見渡せばそんなのばっかりですよね。

そう言えばテレビショッピングなんてのはもう様式美というかお約束と言うか、ひと通りの商品説明を延々と流した後に気になるお値段が発表されるわけですけど、ここで水戸黄門の印籠宜しく今から30分以内のお電話に限り、同じセットをもう一つだとかお値段半額でご提供なんてのがセットになっているとしか思えないわけですよ。

果たして制限時間を過ぎてから電話したらどうなるのかは分かりませんけど、あの手のテレビショッピングなんてのは放送時間内にどれだけ購買心を煽ってその場でお電話させないといけないのでありまして、ダメ押しみたいな感じでの30分以内のお電話に限りみたいなのがお約束になっているのでしょうね?

まぁ膝詰めの営業現場においてもクロージング段階ではじゃあ今この場で契約書に捺印してくれればあと5%値引きしますみたいな交渉をするのは結構多くの営業マンがやっているのではないかと思います。

さてタイムセールですとか今だけですとかいわゆる煽り商法ってやつは一見するとそーゆー手法が使える営業マンってのは営業力があるように感じてしまう人もいらっしゃるかもしれませんけど実際は逆だと思うのですよね。

つまりどっちも期間や時間を区切った値引きに過ぎないわけですから営業の基本であるより高く売るとは逆方向に進むことになりますし、煽りに使える玉が無いとその手法が使えないわけですよ。

ですからサービス品を付けるとか大幅値引きできるような余裕を持っている商品じゃないとその手の煽り営業は出来ないのでありまして、それが出来ないような商品を販売するとなると売れない営業マンがいっぱい出てくるのでは無いでしょうかね?

まぁお客を素早く買う気にさせる口調なんてのは結構参考になる部分も有りますけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 忘年会のお招きと営業活動
  2. 試験販売と先行販売の違い
  3. 営業マンの正しい仕事納め
  4. タイムセールと煽る営業術
  5. 経営者のレベルで企業の限度が決定するとナンバー2の存在
  6. 社長の夢と妄想の違いとブーメラン
  7. 結論有りきの会議とマイナス思考
  8. お金にならないお客の対応を考える
  9. 基礎営業力の話
  10. 良くない社内風景(雰囲気)
  11. 戦略の間違い
  12. 道徳と法律と計画倒産
  13. 職場へのお土産のマナー
  14. 部下育成、思いつき、行き当たりばったり
  15. 出る杭は打たれるとチャレンジ精神
  16. 円安倒産について考える
  17. 社内の権力闘争とメリット
  18. 経営者の運と人相
  19. 部下のメンタルケア
  20. 習うより慣れろと新人研修
  21. ペヤングソースやきそば全面回収のあほらしさ
  22. 経営者の副業とアルバイト
  23. 公務員のボーナス大幅アップの是非
  24. パワハラの定義と対抗策
  25. 売上回復の特効薬とコンサルタント
  26. 人間関係が原因で独立しちゃダメ
  27. 営業マンと負け犬根性の払拭方法
  28. 地域情報サイト運営と収益の問題
  29. 反響営業と反則営業
  30. フリー・シンカーと固定観念の人
  31. プロジェクトリーダーの心得
  32. 気力を充実させるコツ
  33. 半径5キロ以内の集客とスマホサイト
  34. マスコミのマクドナルド潰し
  35. 痛い上司とハインリッヒの報告
  36. 営業力は衰える話
  37. 商売、営業活動、想像力
  38. 小さなお店のスマホ活用法(集客術)
  39. 経営者の売上目標の立て方
  40. 理想の昇進昇格と現実
  41. パソコンの凋落
  42. ダイレクトメールからサイトに誘導する方法
  43. 笑顔の営業力
  44. 成功するアイデアマンと失敗する人の違い
  45. 営業マンは顔が命と売れない原因
  46. 営業能力やセンス以前の問題

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る