スポンサードリンク

ダイレクトメールからサイトに誘導する方法

反響営業におきましてたぶん高い確率で利用されると思われるのがDM、いわゆるダイレクトメールなのでありますが、紙面からだけでは伝えきれない情報があるですとか、送付先からのアクションつまりお客からのコンタクトをサイト上のフォームからを考えている場合において、大きな関門というのが、この受け取った相手がサイトに誘導されてくれてアクセスしてくれるかどうかですよね?

まず最初に少々厳しいことを書いてしまいますけど、普段からパソコンをつけっぱなしで仕事をしているような相手先にDMを送付する場合ですけど、特にサイトがPC向けでスマートフォン対応になっていないような場合は、サイトに誘導することは非常にハードルが高いですから、場合によってはサイトへ誘導するよりも、直接電話してきてもらうですとか誘導を考えないほうが成功する確率は高いのです。

つまりですねダイレクトメールを受け取ってくれた相手がとても強い興味を持ってくれた場合でしたら、パソコンの前に移動して起動する手間を惜しまないのでしょうけど、多くの人はなんだかんだと忙しいですし勝手に送りつけてきたダイレクトメールに書いてあるサイトにアクセスする人の確率ってのは1%に満たないと思う必要があります。

そもそもダイレクトメールを送る目的はサイトに誘導するためじゃなくて、何らかの引き合いなり相手からのアクションを期待しての話ですから、手段としてサイトにアクセスしてくれるとか直接こっちに電話してくれるとか道は複数あるわけですね。

まぁそうは言いつつサイトへの誘導が成功して沢山の人がサイトにアクセスしてくれる方法も併せて考えなくちゃいけませんよね。

先ずダイレクトメールの送付先がパソコンが主体じゃない法人向けの場合ですとか、個人向けの場合などは絶対とも言えるのですけどやはりスマートフォンなどの端末に対応したページを作ってQRコードを表示しておくなり、間口を広げておく必要がありますね。

これはご存じの方も多いと思いますが気がついたらインターネットにアクセスする手段としてパソコンが首位の座をスマートフォンに奪われてしまいまして、まぁ今や多くの人がポケットにインターネットにアクセスする手段が入っているんですから、こっちを狙わないとダメですよね。

それから注意が必要なのは抽選で景品が当たるなどのIDを書いておいて、それを動機付けにしましょうといった類の手法です。

これは場合によってはかなり誘導率をアップする事ができるのですけど、間違うと怪しい雰囲気を出しちゃうので慎重にですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 忘年会のお招きと営業活動
  2. 試験販売と先行販売の違い
  3. 営業マンの正しい仕事納め
  4. タイムセールと煽る営業術
  5. 経営者のレベルで企業の限度が決定するとナンバー2の存在
  6. 社長の夢と妄想の違いとブーメラン
  7. 結論有りきの会議とマイナス思考
  8. お金にならないお客の対応を考える
  9. 基礎営業力の話
  10. 良くない社内風景(雰囲気)
  11. 戦略の間違い
  12. 道徳と法律と計画倒産
  13. 職場へのお土産のマナー
  14. 部下育成、思いつき、行き当たりばったり
  15. 出る杭は打たれるとチャレンジ精神
  16. 円安倒産について考える
  17. 社内の権力闘争とメリット
  18. 経営者の運と人相
  19. 部下のメンタルケア
  20. 習うより慣れろと新人研修
  21. ペヤングソースやきそば全面回収のあほらしさ
  22. 経営者の副業とアルバイト
  23. 公務員のボーナス大幅アップの是非
  24. パワハラの定義と対抗策
  25. 売上回復の特効薬とコンサルタント
  26. 人間関係が原因で独立しちゃダメ
  27. 営業マンと負け犬根性の払拭方法
  28. 地域情報サイト運営と収益の問題
  29. 反響営業と反則営業
  30. フリー・シンカーと固定観念の人
  31. プロジェクトリーダーの心得
  32. 気力を充実させるコツ
  33. 半径5キロ以内の集客とスマホサイト
  34. マスコミのマクドナルド潰し
  35. 痛い上司とハインリッヒの報告
  36. 営業力は衰える話
  37. 商売、営業活動、想像力
  38. 小さなお店のスマホ活用法(集客術)
  39. 経営者の売上目標の立て方
  40. 理想の昇進昇格と現実
  41. パソコンの凋落
  42. ダイレクトメールからサイトに誘導する方法
  43. 笑顔の営業力
  44. 成功するアイデアマンと失敗する人の違い
  45. 営業マンは顔が命と売れない原因
  46. 営業能力やセンス以前の問題

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る