スポンサードリンク

基礎営業力の話

あの会社は商品力はともかく営業力が有るからどんな製品であっても一応は損益分岐点を超える販売実績を残すなんて話もありますけど、では営業力とは?とかそれの基礎的って何かについて考えてみたいと思います。

一般的に知られている言葉に基礎体力ってのが有りますけど、これは筋力であるとか瞬発力であるとか持久力なんてのを総合的に考えて有るか無いかの判断になってくるのですけど、基礎営業力ってのもおんなじようなものなのです。

ざっと思いつく限りで営業マンの数ですとか一人ひとりの営業力であるとか、拠点の数と立地条件であるとか、更に突っ込んでいくと顧客管理の状況であるとか消耗戦に突入した時の経営的体力なんかも含まれて来ますね。

でね、例えば営業マンの数を増やすと言っても中々有能な人なんて簡単に採用できませんし、雇用する営業マンの数によって管理職の数ですとかサポートする間接部門も拡大しなくちゃいけませんから、先ずは数以外の部分を改善して基礎営業力のアップを目指すことになる場合が多いのですけど、何故か先ずは数の力みたいな考え方でとにかく営業マンの頭数を再優先しましょうなんて会社も有りますけど、場合によっては数が増えるのに反比例して質の部分の平均が下がってしまうなんて事も少なく無いですから、これは注意しなくちゃいけませんよね。

まぁ社内ロープレや外部研修なんてのを利用して営業力をあげようとする試みをやっている企業も多いのですけど、やっぱり最大の営業力アップってのは一人ひとりの経験値を上げていくために場数をこなしてもらうのが一番なので有りまして、ですからやたらと営業マンの離職率が高いみたいな企業は基礎営業力はあがらないと断言できるのです。

それと地味な話を致します。

これはルート営業の世界であるとか、特定の業種や業界をターゲットにして営業活動をしている場合なんですけど、顧客管理と言いますか細かい情報まで全てデータベース化致しまして、例え突然の担当者の異動になっても新任の担当者は人間関係はともかく、その顧客の細かい部分例えば社長の趣味だとか食事の好みですとかそういった類の情報までちゃんと知っている状態で担当するって事になりましたら、結構営業的には有利ですよね?

そんな訳でローマは一日にして成らずじゃないですけど基礎営業力なんてのは一年とか数年単位で地道にアップしていくものでありまして、売上低迷で急に考えても速攻で効果が出る方法なんてのは無いと考えるのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 忘年会のお招きと営業活動
  2. 試験販売と先行販売の違い
  3. 営業マンの正しい仕事納め
  4. タイムセールと煽る営業術
  5. 経営者のレベルで企業の限度が決定するとナンバー2の存在
  6. 社長の夢と妄想の違いとブーメラン
  7. 結論有りきの会議とマイナス思考
  8. お金にならないお客の対応を考える
  9. 基礎営業力の話
  10. 良くない社内風景(雰囲気)
  11. 戦略の間違い
  12. 道徳と法律と計画倒産
  13. 職場へのお土産のマナー
  14. 部下育成、思いつき、行き当たりばったり
  15. 出る杭は打たれるとチャレンジ精神
  16. 円安倒産について考える
  17. 社内の権力闘争とメリット
  18. 経営者の運と人相
  19. 部下のメンタルケア
  20. 習うより慣れろと新人研修
  21. ペヤングソースやきそば全面回収のあほらしさ
  22. 経営者の副業とアルバイト
  23. 公務員のボーナス大幅アップの是非
  24. パワハラの定義と対抗策
  25. 売上回復の特効薬とコンサルタント
  26. 人間関係が原因で独立しちゃダメ
  27. 営業マンと負け犬根性の払拭方法
  28. 地域情報サイト運営と収益の問題
  29. 反響営業と反則営業
  30. フリー・シンカーと固定観念の人
  31. プロジェクトリーダーの心得
  32. 気力を充実させるコツ
  33. 半径5キロ以内の集客とスマホサイト
  34. マスコミのマクドナルド潰し
  35. 痛い上司とハインリッヒの報告
  36. 営業力は衰える話
  37. 商売、営業活動、想像力
  38. 小さなお店のスマホ活用法(集客術)
  39. 経営者の売上目標の立て方
  40. 理想の昇進昇格と現実
  41. パソコンの凋落
  42. ダイレクトメールからサイトに誘導する方法
  43. 笑顔の営業力
  44. 成功するアイデアマンと失敗する人の違い
  45. 営業マンは顔が命と売れない原因
  46. 営業能力やセンス以前の問題

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る