スポンサードリンク

営業職と結婚(既婚、未婚)

特に年配のお客様が多いのですけどやってきた営業マンが独身かどうか(結婚しているかどうか)を仕事とか商談と全く関係がないのに聞いてくることが昔はよく有りました。

今では私もそれなりに貫禄が付いてきたのかどうなのかその手のことを聞かれることは滅多になくなりましたけれど、人によってはですねそれなりの年齢に達している男性を結婚しているかどうかを相手を信用できるかどうかの指標の一つみたいにしている人も結構居たりするんですよね。
このあたりは特に高額商品を購入する場合にその手の要素が関わってくる事が多いのではないかと思いますけどね。

まぁだからといって営業成績を上げるために結婚相談所に相談に行く必要はないと思うのですけどね、けどもし結婚したいって願望を持っている営業マンがですね全く見込みが無い状態でしたら、その方はもしかしたら営業マン失格って事も考えられますよね。

だってですね昔から営業マンってのは商品を売り込む前に先ず自分を売り込むなんて言われていましたけど、その売り込みのプロである営業マンが女性に自分を売り込むことが出来なくて、結婚したいのに結婚できないなんて状態はやっぱりまずいような気がするのですよ。

それとですね男性営業社員でも女性でも同じなんですけど異性から好かれていなくちゃ営業の仕事が上手くいかない場合が多いと思いませんか?
だって男性営業マンが女性から好かれていないとか更に嫌われているって状態ってのは人類の半分からよく思われて居ないんですから、まぁ営業としての将来は大変ですよね。

それに結婚して家庭を持って子供までいる営業マンってのは色々とね忍耐力が強くなって来たり、異性の本質がわかってきたりまぁ独身じゃ体験できない色々なことがあって特に対人関係の維持構築が必須能力である営業マンには良いトレーニングでも有ると思うのですよ。

そんなわけでですねもし営業成績が芳しくなくてその状態が長く続いているなんて状態でしたら、するしないは別に致しまして先ず一人で決意して婚活を始めるってのも良いのでは無いでしょうか?

そうしますと新たな目線でですね外見(ファッション)に気を配ってみたり、相手から(特に異性から)好感を持たれる話し方ですとか会話の内容を考えてみたり色々と営業じゃない考え方で自分の魅力をアップするように考えますから、それはそれで営業能力に貢献して来るのではないでしょうかね?

そんなわけで、営業マンに結婚とか婚活ってのは結構大切だったりするわけです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 経営不振と心の余裕について
  2. 姿から入って中身にと儲かっている社長を演じる
  3. 雨の日はアクセスが減少する原因
  4. 心が邪魔をする件(営業)
  5. 飲食店向けの合体営業活動
  6. コンチクショーの営業力
  7. 社内ロープレと聞き上手のコツ
  8. 営業の仕事を楽しくする方法
  9. 新規顧客開拓の極意
  10. 飛び込み営業は楽しい
  11. 営業マンと押し出しの必要性
  12. 営業職と結婚(既婚、未婚)
  13. 売上を上げる方法と感謝の心
  14. 営業活動と引き寄せの法則
  15. 紹介営業(お客様を紹介してもらうコツや方法)
  16. 営業の敵は自分(スランプ脱出法法)
  17. 営業コーチング

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る