スポンサードリンク

コンチクショーの営業力

営業の仕事に従事していますとそりゃ営業先だったり時には嫌な上司だったり色々と頭にきたり嫌な思いをする事も有るわけですけど、それを活かすか逆にモチベーションを下げる方向に作用していまうか180度違う結果になってしまいますよね。

例えば売上が上がらなくて上司にボロカスに言われてしまった時なんか、ああ仕事が嫌だとか営業の仕事は自分には向いていないんじゃないかなんて考えて、そのまんまダメ営業マンのまま職場を去っていくなんて人を過去に何人も見ています。

大して仕事もできなくて運が良かったとか思えない人が自分の上司になっていて、自分は何もしないし部下を助けることもしないで単に叱責する事しかしないような上司の下で働いていてですね、絶対にあの上司を追い抜いて上に立つまで絶対に頑張るんだなんて気持ちで頑張る人ってのは絶対に出世するんですよ。

だってですね嫌な上司の事をイヤダイヤダと心のなかで思っていても現実は何も変わらないですし、そもそも嫌いな上司のお陰で自分の営業に対するモチベーションが下がってしまうなんて、自分が損するだけでプラスな事なんて何も有りませんからね。

ですから現実になるかならないかは別にして、上司を見返してやるんだなんて気持ちに切り替えて仕事に打ち込んだほうが自分にとってお得なんですよ。

ですからコンチクショーを自分の力に変える事が出来る人ってのは良い上司の下では楽しく働けて、嫌な上司の下で働いていても何故か自分のプラスにして成長できるわけです。

営業に出かけた訪問先で嫌な思いをしたなんて事はそりゃ営業マンであれば誰でも日常的に経験していると思いますけど、それをマイナス方向に向けてしまう人と単に流しちゃう人とコンチクショーの力に変えてパワーアップする人の三種類に分けることが出来ると思います。

何か商品を売り込みに行って断られるなんて事はごく普通の風景なんですけど、中には非常に頭にくるようなお断りを受けちゃうことが有りますよね。

私はね営業のモチベーションを上げるためにこんな訪問先も必要だと思うのです。

邪険に断られても周りを全部、自分のユーザーにしてこの地域で圧倒的にシェアをとって、向こうから売ってくださいと頭を下げてくるように頑張るんだ位に気持ちを持って行くと、営業に訪問してどんな相手が出てきてもマイナスにはならないと思うのです。

たぶん私が無謀にも独立致しまして今まで何とかやってこれたのは、このコンチクショーの営業力のお陰じゃないかと思うことが有るのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 経営不振と心の余裕について
  2. 姿から入って中身にと儲かっている社長を演じる
  3. 雨の日はアクセスが減少する原因
  4. 心が邪魔をする件(営業)
  5. 飲食店向けの合体営業活動
  6. コンチクショーの営業力
  7. 社内ロープレと聞き上手のコツ
  8. 営業の仕事を楽しくする方法
  9. 新規顧客開拓の極意
  10. 飛び込み営業は楽しい
  11. 営業マンと押し出しの必要性
  12. 営業職と結婚(既婚、未婚)
  13. 売上を上げる方法と感謝の心
  14. 営業活動と引き寄せの法則
  15. 紹介営業(お客様を紹介してもらうコツや方法)
  16. 営業の敵は自分(スランプ脱出法法)
  17. 営業コーチング

 

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る