メンタルタフネス(精神力)

メンタルタフネスを日本語で精神力って表現してしまいますと少々違うかな?って感じのようですけど、勤め人から足を洗って企業経営者を目指す際に必要な資質として、第一番目はたぶん体力とか健康だと思いますけど、二番目を争う中に精神面の強さメンタルタフネスってやつが有ると思うのですよ。

ここで唐突ですが私の経営する零細企業も2009年6月28日を持ちまして、お陰様で創業10周年を迎える事が出来たのですが、お客さん有ってこそとか、運が良かっただけとか、スタッフとか仲間に恵まれたとか、銀行が融資してくれて資金繰りが厳しい時にリスケに応じてくれたとか、そーゆー10年間継続できた要素の一つに精神的に持ちこたえられたって部分も大きいと思ってます。

ですからね、これから組織から離れて独立開業を考えて居る人で、試験とか大事な商談の前にお腹が痛くなっちゃってトイレに駆け込んでしまう人ですとか、ちょっとしたプレッシャーで直ぐに食欲が無くなってしまうような方の場合は、たぶん独立なんて考えないで少々不満があっても勤め人のまま人生を全うしたほうが、幸福な人生を送れるのではないかなって思いますね。

なにせお金の事(資金繰り)から始まって、人を雇い入れるとなると人間関係の事ですとか、勿論売上げもしっかり確保しないと簡単に会社なんて倒産してしまいますし、トラブルだって年に何回かは予期せぬ方向から降りかかってきますし、設立して3年以内くらいまでは経営危機の連続だったなんて企業も結構多いと思いますし、私の経営する会社も未だに順調に運営出来ている時よりも、圧倒的に苦戦してもがいている時期のほうが多いですからね。

まぁ別の視点から書けば、独立開業して3年から5年くらい歯を食いしばって倒産させないで事業の継続が出来れば、自然と精神面が鍛えられて打たれ強くもなって、少々のストレス要因にも何も感じなくなるとも言えるかもしれませんけど、その前にストレスが原因で胃潰瘍になってしまったり、心が折れちゃう人も少なく無いのが現実では無いでしょうかね?

勿論、そーゆー精神面での強さを含めて経営者としての資質が高いかどうかって事で改めてココに書くまでの事は無いのかもしれませんが、とにかく今の会社が嫌でストレスが溜まって、ここから逃げ出して自分の好きに生きていこうって感じで、独立して経営者の第一歩を踏み出す方は、独立後のほうがストレスや重圧はもっともっと高いですよって事を、経験より書かせて頂きました。