部下を変える(上司心得シリーズ)

部下育成能力が低い人の部下には、上司としての能力向上のために”わからずや”とか反抗的な部下が何故か配属されてくるという話を聞いたことは無いですか?

それが真実かどうかはさておきまして、自分の下に言うことを聞かない部下が配属されてきた場合には、これは自分の能力向上のために遣わされたと思ったほうが精神衛生上良いと思いますよ。

変われるのは自分だけだと言うけれど・・

これは本当によく言われることで上が変われば下も変わるというのは真実かと思いますが、それは上司に部下の育成能力が備わってくれば下の社員も成長して来るという事でも有ると思いますが、でも部下を変えるコツとは何でしょうか?

それは

階段は一段づつしか登れないという事

むかし何処かで聞いた話ですが「ゾウをまるごと一匹ひとりで完食しなくては行けない場合、どうすればよいか?」というのがありましたが、答えは「一口づつ食べる」でした。

勤務態度が良くなくて職場にも全然馴染めない部下に対して勤務態度を改めろとか、職場の仲間ともっとコミュニケーションを取れとか目につく限りの問題点を指摘してみるという方法よりも(というかそれで今日から変わったら誰も苦労しない)、まずは出社時と退社時の挨拶だけを徹底させるとか小さなことから変化させるほうが結果的に早く部下が変わります。

そうでもしないと人が変わるというのか簡単ではないのが現実なのでありまして、スキーを初めて3日目の人をいきなり上級コースで教えようとしても逃げてしまうだけなのです。