管理部門は最低限が吉

管理する側とされる側のどっちがエライかって一概には言えないのかもしれませんけれど、やはり99%以上の割合で管理するほうがエライので有りますが、会社つまり企業運営におきまして管理部門が大きくなって参りまして、悪い言い方を致しますと肥大化した企業の管理部門なんてものは百害あって一利なしとしか言えませんよねって事について今回は書いて見ようと思います。

まずね、管理部門の人間に取って管理す項目や事項が無くなってしまいますとやるべき仕事が無くなってしまいまして、すなわち自分の存在価値といいますか会社に在籍して給料を貰う意味合いが低下してしまいますので、別に管理しないで個々の裁量に任せてしまったほうが効率よく、最高の結果を残せるとしてもちゃんと管理部に在籍する自分たちが出しゃばるなり致しまして管理の仕事を無くさないようにしなくてはいけません。

仕事がなければ自分たちで作り出しましょうってのは、企業人なら当然の事では有りますが管理部の人間が専門に配属されている場合になりますと、わざわざ他人を管理するための何か余計な仕事を作り出さなくてはいけなくなりますね。

もちろんこれとは全くの逆に営業部とかの実働部隊が大規模なのに管理部門に殆ど社員がいなくて、管理不在の野放しと言いますか無法地帯みたいになってしまっている企業も少なく無いとは思いますが、そーゆーケースはまた別の機会に書かせて頂こうと思います。

まぁ管理しなくちゃいけない部分と、社員一人一人の自主性とか創造性に任せたほうが上手く行く部分とやっぱりちゃんと管理しないとどうにもならない部分が有るとは思うのですけど、管理する人間とされる人間が必ず違う人間でないといけないって事は無いわけですから、わざわざ管理部門の人間がいなくても、自己管理がしっかり出来る社員を育成する方面に力を注ぐことが出来ましたら、管理部門は必要最低限の人間で最大の効果を発揮すると思うのですよね。

ですから私がベストと考えるのは管理部門は絶えず人員削減を行うためにどうすれば良いかって考えて仕事を遂行するのが良いと思いますよ。

追伸
そりゃー人の上に立って自分は何もしないで指図したり文句を言っているほうが楽ですし、責任は全て指示を与えた相手になすりつけてしまえば良いわけですから、管理部門のほうをやりたがる人間が沢山居るのは当然なのかもしれないですけれど、船頭多くして船山に上るの諺も有る事ですから、管理部門は出来るだけスリムなほうが良いと思いますよ。