引用とコピペの問題

暇があると、もしくは忙しい仕事の合間を縫ってコラムを書き飛ばしていまして、一時期ブログに入れ替えを考えて実験的にムーバブルタイプを導入した時期もありますが、結局は静的HTMLページをこつこつ作ってアップしてます。

で今回のコラムの本題に入っていこうと思いますが、どっかのサイトに掲載されている文章を自分のサイトにコピーアンドペーストして引用(出典の明記)のリンクを張ってそれに対して意見を述べるって形のブログが結構見受けられるようですが、まぁ許された範囲で行うには問題ないでしょうし、もとの素材があって意見を述べる手法は昔から有った事だと思います。

その手のやり方ですと、文章の量は稼げるし比較的毎日書く事が何かしらあってやりやすいって事で実行される人が多いのでしょうが、やり方によっては他人に迷惑をかける場合が有りますから、著作権とかの問題とは関係無しに注意しましょうねって事を少々書こうと思います。

話は検索エンジン、つまりYahooとかGoogleの検索結果の話になりますが、まず大前提として検索エンジンに拾われないページはこの世に存在しないとまでは言いませんが、何らかの他の広報手段が無いと検索エンジンに検索されないページはアクセス数を確保する事は難しいでしょうね?

さて検索エンジンは絶えず進化していてより使いやすいサービスを模索しているわけですけど、例えば違うURLに全く同じコンテンツが存在している場合は、検索エンジンがどう判断するかと言いますと、(検索エンジンの仕組みや解析方法は公開されていないので想像や推測の範囲です)、同じ情報がが入ったページが2箇所にあった場合、重複コンテンツとして処理されまして、片方は検索結果に出てこなくなります。

検索エンジンのほうも先に登録されたほうをオリジナルページと判断するように仕組みを工夫しているのだと思いますが、例えばサイトそのものが公開して間もない場合とか、検索エンジンが考えるサイトの重要度とか、巡回してコンテンツをチェックに来るタイミングだとかで、引用した側が生き残ってオリジナルコンテンツのほうが、重複ページ判定されてしまう可能性が出てきてしまいます。

特にページ内の文章を丸ごとコピーしてそこにコメントを追加したようなコンテンツの場合ですと、引用元にご迷惑をかける可能性が若干でも出てきてしまうって思っています。

ですから認められた範囲で引用は構わないと思いますが、引用元にご迷惑をかけるような可能性が有るコンテンツの引用方法は気をつけましょうねって事です。

追伸

心情的な部分でも1時間かけて作成した文章を丸ごとコピペに意見やコメントを追加して大もとが重複コンテンツ判断されては、心情的に怒りを覚える方もいると思いますし、全文コピペですからリンクがあっても引用元に来る意味はとても低くなってしまうと思います。