ドメイン名の転売と権利について

その昔はドメイン名の取得ってのは早い者勝ちがルールだったのですが、やがてインターネットの普及とともにドメイン名の価値が随分と上がってくると転売を目的としたドメイン取得が横行してきましてドメインゴロとも称して構わないような、先回りしてドメインを取得して企業に買取を要求する迷惑で困った人たちが随分出てきてしまったので、最近ではルールが少々変わってきたようですね。

さきほどのニュースでツイッターには全く関係ない企業が先回りしてtwitter.co.jpドメインを取得してツイッター社に日本円換算で260万円で買取を要求した会社(合同会社 テラ・インターナショナル代表者 北畠徹也)はドメイン名紛争処理方針(DRP)に基づく裁定の申し立てをうけてあっさり、twitter.co.jpを召し上げられてしまったのでありますが、ちょっと昔までは結構この手のドメイン売買が横行していて高額な金額でドメインが売買されていたようですけど、今じゃこの手の金儲けはできなくなったんだなって思いました。

まぁ twitter.co.jpを取得して数カ月も経過しないうちに不要に高額な金額提示するような行為は論外と致しまして、自社使用するためにドメインを取得してドメイン名もすっかり浸透させて企業に対してある日突然見知らぬ第三者からドメインの明け渡しを要求されたら困りますよね。

私の場合の取得ドメインはbestshop.co.jpって特定の企業やサービスを表すドメインじゃなくて一般的な形容詞みたいなドメイン名なのでそーゆー事にはならないと思いますが、なにせ結構お気に入りのドメイン名ですので気になって調べてみましたら、下記のような場合はドメイン名をお召上になって別の所有者にとられちゃう事とになるそうですね。

・実費金額を越える対価で転売することを目的として登録しているとき
う~ん 現時点で売却することは一切考えていないんだけど、もし数千万円で買い取りたいって話が来たら話に乗っちゃうだろうな、でそれを転売コ目的の証拠だなんて言い出されたら困っちゃうな。

・商標権者によるドメイン名の使用を妨害するために登録し、そのような妨害行為が複数回行われているとき
・競業者の事業を混乱させることを目的に、登録しているとき
・ユーザーの誤認混同をねらって、第三者の商標をドメイン名として登録・使用しているとき

この3つは全く心当たりがないしそーゆー事は一切やった事ないので大丈夫そうですね。

なんて事を考えていましたが気がついたらドメインを取得してそろそろ10年を迎えることになるのです。