ホームページ製作の基本、ページ構成について

本業がホームページ製作会社でありまして、平均して月に5~6件の企業ホームページを立ち上げていまして、5年間で400社近くになってきたわけでありま すが、ホームページを自分で作る人も最近は多いと思いますので、ホームページの基本中の基本、ページ構成について書いておこうと思います。

デザイン についてはそれぞれ好みでやってもらえば良いのですが、基本を守れば大きな失敗にはならないと思いますよ。

実は、ページ構成を考えるに当たって基本は簡単な事なんですよ。

先ずは一番重要なトップページですが、お客はメニューを並べておけば順番に開いてみてくれるなんてのは大間違いで、気に入ったページのみ中 のページまで見て行ってくれます。

気に入るの表現は言いかえると自分の探している情報や商品が有るか無いかをトップページを一瞥して決まるわけです。

最近は回線環境がよくなりましたので、トップページにある程度ページの説明やPRを含めて分かりやすい形にするのが望ましいですね。

次にページ構成ですが、出来るだけクリック数を少なくさせることです、トップページを見て自分の欲しい情報があればクリックすればその情報 が見えるシンプルな形が望ましいです。

個別の説明ページについて

余程大量の情報以外はページ数をむやみに増やさないほうが無難です、ホームページを閲覧する場合、ページをクリックしてみていくよりも、 ページをマウスで上から下にスクロールして行くほうが余程見やすいのです。

問い合わせが欲しいのなら・・

商品説明の一番下や会社案内のページの下など自然に問い合わせフォームを押せるようにしておきましょうね、トップページに一回戻らないと問 い合わせがどこでしたら良いか分からない構成は問い合わせを自ら減らしてしまっていますので気をつけましょう。

実は基本はこれだけです、その他フレーム形式の構成は検索エンジンが拾いにくくなりますので、一枚もののページで作りましょうね。

これだけの基本さえ押さえておけば大きな失敗はしないはずです。

ホームペー ジ作成の私の会社です

ホームページ製作会社に頼む場合は数社に話を聞いたほうが良いでしょう。

ホームページ制作会社なんてどこも同じようなものだと思っていたら、実は会社によって考え方は全然違っていたりするので有ります。