個人サイトの成功法

その昔、といっても今から15年ほど前の事ですがWebサイトにおけるホームページの主流は、新しい技術に反応が早い個人で作って公開しているホームページが主流で、営利目的の企業がインターネットの世界に入ってきて、ネットショップや各種情報発信を行うようになったのは、その後の話になると思いますが、最近は営利を度外視した一部の趣味のサイトを除いて、個人サイトは企業のホームページに押されて少々苦戦気味では無いでしょうかね?

まあ個人であれば企業のように多額の資金を投下して、Webサイトを構築したり広告宣伝費をかけてサイトを告知したり、多数のマンパワーをつぎ込んだり外部のリソースを利用したりする事は難しい場合が多いですし、連絡先として住所や電話番号を掲載できなかったりとにかく、不利な部分が色々有りますし、元々インターネットの世界では寡占化がおきやすい世界ですから、今まで順調に運営していた個人サイトでも、ちょっと手を抜いたり数日間、サイトの管理が出来なかっただけで来場者が激減してしまうって事も珍しく無いですよね。

でね、個人サイトでありがちなのがリピーターの確保とかコンテンツの更新しなくても変化が出せるって事で、安易に掲示板(BBS)を導入してしまって、上手く事が運んでいる時はよいですが、閑古鳥が鳴いている位なら別に可愛い物だと思いますが、荒らされたり、素早く的確に管理人が処理すべき時に放置状態になってしまって、掲示板が荒らしの餌食になってしまったり、炎上したりお祭り騒ぎになってしまって、結局はサイトが廃れてしまうって事も全然珍しく無いですので、安易な掲示板の導入は控えたほうが良いでしょうね。

つまりその個人サイトの成功法って事になりますと、手を抜かない、ひたすらコツ事コンテンツの充実に努めるって事を愚直にやるしか無いのでは無いかって思うのですよ。

私が思うに企業が営利目的で運営しているサイトは飯の種で給料貰ってやっている管理人さんですから、仕事として毎日サイトを充実させたり管理に目を配るのですが、個人サイトの場合ですと、それが生活の糧でも無い限りモチベーションの維持が難しくて、途中で挫折したり放り出しちゃう形がとても多いように感じますね。

まあ蒟蒻問答になってしまいそうですが、負けない限りいつかは勝てる(成功する)って法則に照らし合わせますと、1年2年なんて短いタイムテーブルで考えるのではなくて5年後10年後のコンテンツの充実を考えて、日々の構築に励むって位の気持ちが必要だと思うのですよ。

つまり数ヶ月頑張った位でサイトが賑わうなんて考えないほうが良いって事だと思います。